苦戦中『大豆田とわ子』低視聴率大王・オダギリ・ジョー参戦で完全沈没か

拡大画像を見る

 5月18日に放送された、松たか子(43)主演のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の第6話で、衝撃的な展開と新たな男性キャラの登場が、多くの視聴者をザワつかせたようだ。

 同ドラマは、住宅建設会社「しろくまハウジング」社長で離婚歴3回の大豆田とわ子(松たか子)が、3人の元夫たちに振り回されながらも、日々奮闘する日常を描くロマンティックコメディ。

 1番目の夫であるレストランオーナー兼ギャルソンの田中八作を松田龍平(37)、2番目の夫のファッションカメラマン佐藤鹿太郎を東京03の角田晃広(47)、3番目の夫のエリート弁護士・中村慎森を岡田将生(31)が演じている。

 今回は、誕生日の夜、とわ子は「しろくまハウジング」の取引相手を説得に向かうが、連絡が途絶えてしまう。とわ子の誕生日を祝うため、八作が経営するレストラン「オペレッタ」に集まっていた3人の元夫は彼女の身を案じる。

 そこへ、元夫がそれぞれ気にしている女性、「オペレッタ」の客の早良(石橋静河/26)、鹿太郎が撮影をきっかけに出会った女優の美怜(瀧内公美/31)、慎森が住むビジネスホテルで働く翼(石橋菜津美/28)が偶然来店し、さながら合コンのような飲み会が始まる。

 そして、元義父の旺介(岩松了/69)から半ば強引に呼び出され、八作たちはとわ子のマンションへ。早々に酔いつぶれて寝てしまった旺介をよそに、元夫たちはとわ子不在の部屋でなぜかギョーザを作り始める。

■市川実日子の死は予言されていた?

 そのかたわらで、女性たちは恋愛の愚痴トークで意気投合。名前こそ出さないものの、話題は明らかに八作、鹿太郎、慎森のことで3人は動揺するが、本心を聞いてしまったことで、それぞれ魅力的な女性かと思っていたが、とわ子にはかなわないことをあらためて思い知る。

 番組開始から約40分間、主人公が登場しないまま続いたが、その直後、ドラマが急展開。店に戻った八作がスマホに着信したメッセージを見ると、珍しく動揺した様子で病院へ。とわ子が「1人で死んじゃったよ、1人で死なせちゃったよ」と、親友のかごめ(市川実日子/42)が急死したことを明かす。

 視聴者はツイッター上で「なんで? なにがあったか明かされないの? って疑問が止まらないん」「かごめちゃんが亡くなってしまった事実を受け入れられない」などと、かごめの突然の死に動揺していたが、これまで、かごめの死を匂わせる演出があったと指摘する人も。

 まず、病院の廊下で医師が「死因は心筋梗塞」だと語っていたが、先週の第5話、とわ子とかごめの最後の会話は「肩凝ってんの?」「寝違えたのかなぁ」で、これは心筋梗塞の前兆だったのかもしれない。

 さらに、第4話では、かごめが「最後の晩餐はコロッケ」と語ったり、かごめの「まあ、私は死なないと思うけどね。大人になるまで、まだたぶん100年ぐらいかかるし」という言葉に、とわ子が「生きて見届けたいな」と返すなど、死のイメージは密かに近づいていたようだ。

■新展開にぬぐえぬ不安

 また、番組冒頭、ドラマのダイジェストが伊藤沙莉(27)のナレーションとともに紹介されるのだが、そこに、「新たな出会いに、“あ、どうも”とあいさつする」と、ラジオ体操をするとわ子と目が合う“謎の男”としてオダギリジョー(45)が登場。ラストシーンで、かごめの死から1年後の出会いだと明かされた。

 ドラマ公式サイトの相関図に入っていないサプライズな登場に、視聴者は「いきなりのオダギリジョー。どこまで想像のはるか先を行くのだ、このドラマは」「まって! オダギリジョー!? って、めっちゃ叫んだ」「かごめちゃん(涙)ってなってたら、突然オダギリくん出てきて感情が追いつかない」などとザワついていた。

 次週からドラマは第2章に入り、高校に進学した娘の唄(豊嶋花/14)が父の家に引っ越したため、とわ子は自宅で一人暮らしを始めることに。そこにオダギリが登場するのだが、3人の元夫はフェイドアウトするわけではなく、とわ子に関わり続けるようだ。

 ここで心配になるのが視聴率で、コアなドラマファンからの支持は高いものの、同ドラマは初回から7.6%、6.7%、5.7%、6.0%、6.2%と苦戦していて、第6話は5.5%と0.7ポイントダウン。番組ワースト記録を更新してしまった(いずれも平均世帯視聴率/ビデオリサーチ調べ/関東地区)。

 オダギリといえば、数多くのドラマや映画に出演する人気俳優だが、低視聴率イメージの強い男性芸能人でもある。そのためか、ゴールデンタイムに放送される連続ドラマのレギュラー出演は18年放送の夏ドラマ『チアダン』(TBS系)以来なく、このときも平均視聴率7.1%と苦戦している。

 すでに低空飛行を続けている『大豆田とわ子』が、オダギリとの“負”の相乗効果で、これ以上、視聴率のワースト記録を更新しないか、気になるところだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 5/24 13:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます