海上自衛隊「艦めし」カレー作ったよ インスタントコーヒーでご飯炊くレシピ

海上自衛隊の公式サイトでは給養員(調理を専門とする隊員)協力のもと、「艦めし」として料理のレシピを公開している。同隊は毎週金曜日にカレーを食べる習慣で知られるが、公式サイトによると、年間約45トン、1食20グラムとすると年間約225万食のカレールーが消費されているという。

そんな海自のカレーだが、レシピを探していくと、なんと米をコーヒーで炊いたカレーライスが紹介されている。海艇「ちちじま」の「牛すじカレーとコーヒーライス」だ。本当に「ちちじま」で食べられているのかはわからないが、どんな味に仕上がるのか。

じゃがいもは素揚げにする

レシピは4人前だが、材料の種類は多い。火加減や加熱時間などはほとんど書かれていないため、自分の判断で調理していく。

白米 500グラム
インスタントコーヒー 10g
(A) ガラムマサラ 大さじ2杯
(A) カレーパウダ 大さじ2杯
(A) サラダ油 適量
牛すじ 500グラム
水 2リットル
にんじん 1本
玉ねぎ 2玉
じゃがいも 2個
バター 20グラム 赤ワイン 適量
カレールー(固形) 200グラム
(B) デミグラスソース 大さじ3杯
(B) ホールトマト 大さじ3杯
(B) はちみつ 大さじ1杯
(B) チリソース 大さじ1杯
(B) 粉チーズ 小さじ2杯

まず米を研ぎ、水を600ミリリットル入れる。そこにインスタントコーヒーを投入し、炊飯器にかける。30分ほどで強いコーヒー臭がキッチンに充満してきた。「コーヒーライス」は本当にカレーと合うのか、不安にさせられる。

野菜と牛すじは食べやすい大きさにカット。牛すじはこの段階から弱火で煮込む。レシピによると、じゃがいもはなんと素揚げにするという。これが自衛隊流なのだろうか。今回は170度のサラダ油で5分揚げた。

ルーとは別に用意したカレー粉とガラムマサラ(ミックススパイス)は炒め、サラダ油約20ミリリットルと混ぜてドロドロにする。

玉ねぎはバターと共に中火で炒める。5分ほどしたところで赤ワインを加え、さらに5分加熱した。牛すじは1時間30分煮込んだところで取り出し、残った出汁にじゃがいも・にんじん・玉ねぎを投下。15分弱火にかけた後、カレールーと(B)の調味料全てを加え、また5分煮込む。

喫茶店のような味に

最後に牛すじと、油と混ぜた(A)を加えて完成。炊飯器を開けると、真っ茶色の米が出迎えてくれた。この段階ではあまり食欲はしない。カレーと共に盛り付け、8分沸騰させて作った半熟卵も加えた。

デミグラスとトマト、そして牛すじの出汁が効いているのか、ルーはビーフシチューにも似た洋風で奥深い味わいだ。また固形ルーとは別のスパイスを最後に加えているため、香り高く仕上がっている。

何より驚いたのはコーヒーライスの出来栄えだ。苦味はほとんどなく、においもほのかにする程度。付け合わせのライスとして違和感がなく、ささやかな香りが洋風カレーを一層大人びた印象にさせる。

固形ルーに色々と足したことで、酸味と甘味、そしてスパイスの香りが強い。「家庭のいつものカレー」ではなく、「喫茶店のカレー」を連想する一皿だ。

「大湊基地業務隊」のレシピという「煮りんご寒天よせ」も作った。りんご200グラムと砂糖30グラムを800ミリリットルの水で20分茹で、りんごを取り出す。残った汁に粉寒天4グラムを混ぜ入れ、冷蔵庫で冷やす。最後にりんごのみじん切りを散らしてできあがりだ。カレーを作る合間に仕込める、シンプルなデザートだった。<J-CASTトレンド>

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/24 12:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます