「ドラゴン桜」第5回は13・8% 0・5ポイント減も好調キープ

拡大画像を見る

 23日のTBS日曜劇場「ドラゴン桜」(後9・00)第5回の世帯平均視聴率が13・8%を記録したことが24日、わかった。第4回(16日)の14・3%から0・5ポイント減も好調をキープしている。初回(4月25日)は14・8%、第2回(5月2日)は13・9%、第3回(同9日)は12・6%。

 23日放送回では、東大専科に、昆虫が大好きな原健太(細田佳央太)が入り、一流大学コースの藤井(鈴鹿央士)と再び対決。原はその才能を開花させ、周囲を驚かせる。

 同作は2005年に放送された続編。「モーニング」(講談社)で18年から連載された「ドラゴン桜2」が原作で、前回ドラマの原作「ドラゴン桜」の15年後が描かれている。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

関連リンク

  • 5/24 10:53
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます