永野芽郁「手は繋がない」男っ気ゼロ「干物オンナ」発言連発にファン安堵

拡大画像を見る

 女優の永野芽郁(21)が5月19日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、理想の恋愛について語っていた。

 まず、永野は理想の男性像について、「自立している人がいいです」と答え、「人間として自分が尊敬できる人でもあってほしいし、尊敬してもらえる人で自分もありたいと思う」と互いに尊敬し合える仲が理想だと語った。こうした永野のしっかりとした考え方に、TOKIOの国分太一(46)や森三中の大島美幸(41)からは「(まだ)21歳なのに」「大人っぽいですね」という驚きの声が相次いでいた。

 続いて、永野は理想のデートプランについても明かすことに。だが、デートにもかかわらず、海に行っても彼氏とは手をつなぎたくないと答えたり、デートの帰りに彼氏が口にする言葉を想像するように求められ、「いい天気でよかったよね」と答えたりするなど、最初とは打って変わって幼さが残る発言を連発し、共演者を苦笑いさせていた。

 そんな永野は今年9月で22歳を迎える。そろそろ恋愛の噂があってもおかしくはないが、その私生活は地味そのものだ。

 5月11日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演した際には、自宅での過ごし方について聞かれ、「たまにクイックルワイパーかけたりとか、ゴミ捨てに行ったりとかはしてるんですけど、そんな特別、なんかこれしたな~って(というのはない)」と男っ気ゼロの私生活を明かしていた。

■熱愛発覚の可能性は?

 また、塩ラーメンの袋麺が大好物だという永野は「多いときは毎日食べます」と告白。コロナ禍で外食を自粛しているのだろうが、若手の売れっ子女優とは思えない食生活に、MCを務めるフットボールアワーの後藤輝基(46)やヒロミ(56)は思わず目を丸くしていた。

 新垣結衣(32)と星野源(40)、さらに戸田恵梨香(32)と松坂桃李(32)など、サプライズな結婚が続いた芸能界。しかし永野の場合、映画『地獄の花園』や7月スタートのドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)など、出演作が目白押しで多忙なことに加え、見事なまでの私生活での“干物女”ぶり。これでは、結婚どころか熱愛の噂さえないのも、納得だ。

 新垣結衣の結婚では、落胆するファンが大量発生したが、永野ファンはその点、安心かもしれない……。

関連リンク

  • 5/24 10:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます