「新垣結衣と星野源」結婚に極秘情報「17年秋には交際していた?」

拡大画像を見る

 令和一のビッグカップル誕生に、日本中が沸いた。「5月19日、新垣結衣(32)と星野源(40)が突如、結婚を発表。2016年放送の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で夫婦役を演じた2人が現実でも夫婦となり、同作で共演した石田ゆり子も“鼻血が出そうなんですけど”と、驚きと興奮を自身のインスタグラムに投稿していました」(芸能記者)

 事務所の発表では交際時期について、今年1月2日に放送された『逃げ恥SP』での再会を機に真剣交際に至ったとされているが……。

「我々、記者の多くは、17年秋には交際していたと見ています。18年には、新垣が住む高層マンションの一角に、星野が引っ越しています。“マンション内同棲”が囁かれ、私を含め、各社が追っていたんですけどね」(女性誌記者)

 これまで、新垣はスキャンダルが少ないことで有名だった。

「初の熱愛相手は元ジャニーズの錦戸亮でした。11年のドラマ『全開ガール』(フジテレビ系)での共演がきっかけで、13年には徒歩4分の距離にある互いのマンションを行き来する姿を、『FRIDAY』が報じました。初めての相手は錦戸なんて、信じたくない噂も(笑)」(写真誌記者)

 だが、まだ20代と若かった2人は、ほどなく破局。

■錦戸との失敗を経て選んだ交際方法

「当時、錦戸は友人らにガッキーの夜の具合を吹聴していたとか……。彼女は、休みは、ずっと家でマンガやネットを見ているというインドア派。ヤンチャすぎる彼に、ついていけなくなったようです」(前同)

 そんな傷心の新垣が再び恋に落ちた相手が、歌手や執筆活動など、マルチな才能を発揮する星野だった。

「錦戸との交際での失敗もあり、看板女優として、二度とスキャンダルは撮られまいと講じた策が、同じマンションの別の部屋に住む方法だったわけです」(前出の女性誌記者)

 人目を忍ぶ“ムズキュン”な4年間を経て、晴れて毎日、ハグできるようになった2人。気になる夫婦生活は、星野源の「下ネタ好き」が影響を及ぼしている? この続きは現在発売中の『週刊大衆』6月7日号で。

関連リンク

  • 5/24 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます