「超能力を与えてくれた」リヨン退団のデパイがファンにメッセージ

拡大画像を見る

オリンピック・リヨンでの最後の試合。メンフィス・デパイは、23日(日)、フランスチームのユニフォームを着てプレーする最後の試合に臨んだ。このオランダ人ストライカーは、6月30日に満了する契約を更新しないことを決めており、彼の将来は、おそらくFCバルセロナにあるだろう。

「私がピッチに立っているとき、ファンは私に決定的な、得点やアシストをするための超能力を与えてくれた。忘れられない瞬間の1つは、(チャンピオンズリーグ)予選通過を決めたライプツィヒ戦だ。素晴らしい瞬間だった」とクラブの公式チャンネルでリヨンのファンについて語った。

「いつもの自分ではないことは分かっている。それは理解しているが、ファンが私にしてくれたことにとても感謝している。尊敬の念を抱いている」と、リヨンのファンを称賛する言葉を添えた。

チーム再編の中で、デパイがフリーでバルサに加入することは、近日中に発表されるかもしれない。このオランダ人ストライカーは、昨シーズン、カタルーニャのチームに加入する寸前だったが、契約は成立しなかった。この夏、クーマンの将来が不透明であるが、彼の主要な目的は、ブラウグラナのユニフォームを着ることかもしれない。

関連リンク

  • 5/24 8:20
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます