失恋した友人の話を聞く時の5つのポイント

失恋した友人の話を聞く際に、みなさんはどのようなことを気を付けているでしょうか? 今回は、友人の話を聞く際のポイントをご紹介させて頂きます。友人に感謝されるような関係を築くことができれば、自分自身が失恋した時、話を聞いてくれる大切な存在になるかもしれません。

【1】聞き続けること。
失恋した友人が感情を全て吐き出せるように、とにかく聞き続けましょう。友人が同じ話の繰り返しても、とことん付き合ってあげる心の広さが必要となります。

【2】アドバイスしないこと。
過去を振り返り、「こーすれば良かったじゃん。」「俺なら・・・」などのアドバイスは控えましょう。失恋した友人が求めているのは、過去の反省や今後の改善よりも、自分自身の気持ちの発散であり、アドバイスを聞き入れる余裕はないでしょう。

【3】相手の気持ちを代弁すること。
じっくりと話を聞いた上、「辛いよね。」など友人の気持ちを代弁してあげましょう。友人の感情を共有することで、友人の気持ちを発散することが可能となります。

【4】「他にも女はいるよ。」とは言わないでおくこと。
「人類の約半分は女なんだから!」と元気づけてしまった経験ないでしょうか? 失恋した直後は、未来へ向けて考えること難しい状況です。失恋した友人は、振られたことで頭がいっぱいなので、「他にも女性いる!」と考える余裕がない恐れがあります。

【5】自分自身の体験について熱っぽく語らないこと。
失恋した友人の話を徹底して聞きましょう。「俺も、前の彼女に振られたときは・・・」などの話をした場合、話を伝えることに一生懸命となり、熱っぽく語ってしまうケースがあります。失恋した友人は、話を聞き入れる余裕はないので、自分自身の経験については控えた方が賢明でしょう。

友人の失恋話を聞く際に、どのようなことを意識してい話を聞いているでしょうか?みんさんが意識されているポイントがあれば、ぜひ教えてください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/24 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます