これはヤバいっ…!彼氏への嫉妬をかわいく伝える方法【今夜の恋バナ # 16】

拡大画像を見る

大好きな彼だからこそ、嫉妬してしまうことってありますよね。

彼にその気がなくても、女性と飲みに行ったと聞けば不安になり嫉妬してしまうもの。

そこで今回は、彼氏にかわいく嫉妬を伝える方法をレクチャーします!



彼氏への嫉妬をかわいく伝える方法



素直に言ってみる


余計なことは考えず、素直に「嫉妬しちゃった……」と伝えましょう。

嫉妬するとイライラしてしまうのは当たり前。

怒りをそのままぶつけるのではなく、そこでの言い方に注意してください。

そうすれば彼に嫌な印象を与えず、むしろ「かわいい!」と思われますよ。

冗談ぽく拗ねる


イライラした感じで嫉妬していることを伝えるのではなく、少し冗談ぽく言いましょう。

その時、拗ねてそっぽ向くと男性はキュンとしますよ。

嫌な雰囲気にならず、嫉妬したことを上手に伝えることができます。

心配したと伝える


「嫉妬した」と伝えるのもいいですが、「心配した」と言うことで信用してるという気持ちを伝えることができます。

嫉妬をするとどうしてもイライラしながら伝えてしまいがちです。

怒りをぶつけるとお互い嫌な気持ちになるので、ちょっと引いて「心配したんだよ……」と伝えるとかわいさがプラスされます。

例え話で話してみる


自分の気持ちを正直に伝えるのが難しい方は、例え話として嫉妬したことを伝えてみましょう。

「友達がね……」という風に、あくまで友達が嫉妬した話をすることで、こういうことしたら嫉妬するんだなということを彼に理解させます。

まとめ


いかがでしたか?今回は彼氏への嫉妬をかわいく伝える方法についてレクチャーしました。

嫉妬は決して悪いことではありません。

好きだからこそ芽生える気持ちなので、それを踏まえて伝えるようにしましょう。

素直に話すことで彼も理解してくれ、「かわいいな……」と思ってくれますよ!

次回は、彼氏に言いづらいことをうまく伝える方法をご紹介します。お楽しみに!

(しずく-kulu-)

関連リンク

  • 5/23 19:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます