ウェストハムがEL出場権を獲得! 南野先発のサウサンプトンに3発快勝

拡大画像を見る

 プレミアリーグ最終節が23日に行われ、MF南野拓実が所属するサウサンプトンは敵地でウェストハムと対戦した。南野は2試合ぶりの先発となり、62分までプレーした。

 11分、南野に決定機が訪れる。サウサンプトンは自陣からロングカウンターを展開し、ドリブルで運んだスチュアート・アームストロングは、左に流れた南野へのラストパスを選択。南野はチップキックで飛び出してきた相手GKの肩口を抜いたが、シュートは惜しくも枠を捉えられなかった。

 ヨーロッパリーグ出場権を死守したいウェストハムは、30分に先制する。マイケル・アントニオのポストプレーからアンドリー・ヤルモレンコがペナルティエリア内に侵入。左利きの右足シュートは相手GKに阻まれたが、こぼれ球に反応したパブロ・フォルナルスが押し込んだ。

 すると33分、ウェストハムがあっという間にリードを広げる。相手のクリアミスからボールを回収したヴラディミール・ツォウファルが右から折り返すと、中央のフォルナルスがダイレクトで押し込んだ。

 2点のリードで折り返したウェストハムは、86分にデクラン・ライスがダメ押しの3点目を獲得する。試合はこのまま終了し、6位をキープしたウェストハムが来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得。2016-17シーズン以来の欧州大会参戦となる。

【スコア】
ウェストハム 3-0 サウサンプトン

【得点者】
1-0 30分 パブロ・フォルナルス(ウェストハム)
2-0 33分 パブロ・フォルナルス(ウェストハム)
3-0 86分 デクラン・ライス(ウェストハム)

関連リンク

  • 5/24 1:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます