私のこと嫌い...?彼氏が「一緒に寝るのを嫌がる」理由3選とは?

拡大画像を見る


彼氏が一緒に寝るのを嫌がるという場合、一緒に寝たい彼女としてはそれを不満に思ってしまいますよね。
一緒に寝ることで安心感を得られるという人は、彼氏がなぜ嫌がるのか、その理由がわからないでしょう。
そこで今回は、彼氏が一緒に寝るのを嫌がる理由について解説していきます。


1人じゃないと寝れない

彼氏が一緒に寝るのを嫌がるのは、1人じゃないと寝れないからかもしれません。神経質な人は、隣で人が寝ているとなかなか寝れないものです。彼女が寝返りをうつたびに起きてしまうという人もいます。
翌日も仕事であれば、寝れないとなると体力的にきついですよね。様々な面で影響が出てしまうため、彼女のことは好きだけど一緒には寝たくないという人がいるのです。
このような場合、彼氏の性格的な問題ですので、無理を言うのは良くありません。最悪の場合、喧嘩になってしまうこともあるでしょう。
休日の前の日などであれば、彼氏も一緒に寝てあげてもいいかなという気持ちになるかもしれないため、日を選んでお願いしてみてください。


彼女の寝相が悪い

彼女の寝相が悪いことが原因で、彼氏が一緒に寝るのを嫌がるという場合もあります。あなたは自分で気づけていないかもしれませんが、実は寝ているときかなり寝相が悪いのかもしれません。
彼氏はその度に起こされてしまい、迷惑に思っているのでしょう。寝言や歯ぎしり、いびきなどがうるさいという可能性もあります。
彼氏としてはそのことをあなたに伝えにくいため、そのことは言わず、ただ一緒に寝るのを避けているのです。
もしも自分の寝ているときの姿を知りたいのであれば、彼氏に正直に話してと言ってみたり、自分が寝ている姿を撮影してみたりすると良いでしょう。そうすることで彼氏が一緒に寝てくれない本当の原因がわかります。


愛情がなくなった

彼氏が一緒に寝てくれないのは、愛情がなくなったという可能性もあります。気持ちが冷めてしまっているので、一緒に寝るのも嫌になってしまったのです。
もしかしたら彼氏は、自分に気持ちがないことをあなたに知らせるために、あえてそのような行動を取っているのかもしれません。
連絡頻度や会う回数も少なくなってきたという場合、彼氏の気持ちが冷めている可能性があります。今後のことをしっかり考える必要があるため、一度彼氏と話し合ってみると良いでしょう。


少しは我慢しよう

彼氏が一緒に寝るのを嫌がるという場合、無理に一緒に寝ようとすると彼氏にストレスを与えてしまいます。
一緒に寝るのが好きではないという人は案外多いため、あなたもある程度は我慢しましょう。
一緒に寝る以外でも彼氏の愛情は感じることができるものですので、無理に一緒に寝ようとして彼氏に嫌われないように注意しておいてください。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/23 19:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます