さんま&陣内「向上委員会」大荒れDAYに撮れ高心配 閉店ガラガラが2倍に

拡大画像を見る

 タレントの明石家さんまが22日、フジテレビ系で放送された「さんまのお笑い向上委員会」で撮れ高を気にする一幕があった。

 この日は向上ゲストとして3時のヒロインが登場。メンバーのかなでが男性についての悩みを相談した。これに、錦鯉・長谷川まさのりがファンの女性と交際した経験、マヂカルラブリー・村上は取り巻きの女性「村上ガールズ」との不思議な関係を語るなどして笑いをまじえてアドバイスした。

 コロコロチキチキペッパーズのナダルもトークに参加しようとしたが、さんまは「お前はやらんでええ」と制止。この日の収録でナダルはスベり倒していたようで「(カットされてオンエアでは)一言もしゃべってない可能性があるんです、こんだけウケてなかったら!」と懇願した。

 しかし、かなでとの絡みは見事にスベり、スタジオは失笑。地獄に落ちたナダルを見ながら陣内が「今、撮れ高6分ぐらいですよ」とツッコみ、何とか笑いに変えた。収録では微妙な空気になることが多かったようで、テロップでは「本日は大荒れDAY」と表示。さんまも「どこ放送すんのか楽しみや」と苦笑いだった。

 実際、撮れ高も少なかったようで、志願者が小ネタを披露する「閉店ガラガラ」も通常は2~3組なのに5組と倍ほどのオンエア。次週のトークのチラ見せも多めだった。

関連リンク

  • 5/23 18:06
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます