清原果耶 朝ドラ「モネ」両親から絶賛!「悩みもあったのでほっとした」

拡大画像を見る

 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインを務める女優、清原果耶(19)が22日にNHK総合で放送された「土曜スタジオパーク」に生出演し、ドラマで両親を演じる内野聖陽(52)、鈴木京香(52)から絶賛され、「ほっとした」と安心した表情を見せた。

 清原は朝ドラ「朝が来た」「なつぞら」に出演。3回目でヒロインを演じることになった。

 父役の内野はVTRで「彼女は大人すぎて。小さな事で動揺しない」と称賛。「果耶ちゃんだったら大丈夫だろうと思うけど、よく考えたらまだハイティーン」と年齢より大人びていることに触れ、「お芝居に対する姿勢がとってもいい。自分にうそをつかない。自分の心でアプローチしたいとすごくひたむきで。そこを見ていて立派だなと思います」とほめたたえた。

 母役の鈴木は「果耶ちゃんはスーパーヒロインです。現場をひとつにまとめてくれる。それが本当に素晴らしい。たくましく、素晴らしい女性。若いヒロインや若いキャストに学びたいところがたくさんあります」と最上級の言葉を送った。

 清原は「うれしい。ほっとしました。あのムービー持って帰りたい」と、にこやかな表情。「モネの人生を生きることに全力を尽くしすぎているんじゃないんかと思っていたので。安心した」「集中してしまうと…悩みもあったのでほっとしてます」と大先輩の言葉に安堵した。

関連リンク

  • 5/23 17:02
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます