連覇を逃したジダン監督、今季を振り返る「我々にとって最も重要なことは…」

拡大画像を見る

 レアル・マドリードのジネティーヌ・ジダン監督がリーガ・エスパニョーラ第38節ビジャレアル戦後の記者会見に応じた。22日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 リーグタイトル獲得の可能性が残されたレアル・マドリードは、最終節となったビジャレアル戦で2-1の逆転勝利。しかし同時刻開催の試合で首位アトレティコ・マドリードも勝利を収めたため、リーグ連覇を逃す結果となった。試合後の記者会見に出席したジダン監督は、今シーズンについて以下のように語っている。

「アトレティコを祝福しなければならない。彼らはチャンピオンにふさわしい。トップにいる者たちは、いつでもそれに値するよ」

「しかし我々にとって最も重要なことは、レアル・マドリードの選手たちが成し遂げたことだ。今シーズンの彼らが何をできたのか、今後時間をかけて冷静に、そして私の将来も含めてクラブと話し合うつもりだ。もう少ししたら、何が起こるか分かることになるだろう」

「ファンには感謝しなければならない。彼らは常にチームを支えてくれているからだ。今日も簡単な試合ではなかったが、最終的にはビジャレアルに勝つことができた。今日はチーム全員を祝福する日だと思っている」

 今シーズン限りでの退任も噂されるジダン監督だが、果たして今後どのような決断を下すのだろうか。

関連リンク

  • 5/23 15:30
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます