化粧品の概念を変える新しい商品に注目! 「niko and ...」から誕生したコスメライン

拡大画像を見る

 アパレルとインテリア雑貨を取り扱う人気のブランド「niko and ...」から2020年の冬に誕生したコスメライン「tiny tiny」。「服を“きがえる”ように、季節に合わせてメイクも毎日楽しくきがえたい。HAPPYな気持ちになれるわたしサイズの“きがえる”コスメ」をコンセプトにしており、そのかわいらしく衛生的なパッケージが話題となっている。今回はそんな新しいコスメの魅力を探ってみた。
 

●全部揃えたい!気分に合わせて選べるコスメ


 「tiny tiny」の特徴はコンパクトサイズであることと種類が豊富なこと。パウチタイプの商品はキャップを入れても11cmほど。厚さもなく持ち運びしやすい。また、アイシャドウは12種類、リップカラーとグロスは合わせて13種類と、さまざまな色を展開している。金額も638円からと一般的なコスメの平均と比べるとかなりリーズナブル。服に合わせて毎日選ぶというコンセプトに沿って、たくさんの種類を購入できるようにしているのだろう。
 そんな種類が豊富な商品の中から今回は3種類をピックアップ。「パウチチーク」は保湿力の高いクリームタイプのチーク。1度でしっかりと色づき、肌への密着感を感じられる。直接つけると色が濃いため、指でなじませれば自然な発色になる。今回選んだ「02ローズモーヴ」は明るめのピンク。さらに明るい「03キャンディーピンク」と肌に馴染む「01ソフトサーモン」の3種類を展開している。
 続いては「パウチアイシャドウ」を使ってみる。使い勝手の良さそうなブラウン系からかわいらしさを演出できるピンク系まで12色のさまざまなカラーが揃っている中、今回は珍しいイエロー系の「ミモザカクテル」を選択。ゴールドのような濃いイエローが印象的だ。
 クリームタイプのアイシャドウは1度塗っただけで存在感のある目元に。こちらもチーク同様少し濃く感じたので何度かなじませると自然な色合いになった。たっぷり入ったラメが華やかさを演出しており、目元になじませながらグラデーションを作ることができる。他の色との組み合わせも楽しめそうだ。
 「パウチリップグロス」はみずみずしく透明感が演出できるグロス。ベーシックなベージュ系、オレンジ系2種類と、メイクのニュアンスチェンジに使えるイエロー系とブルー系の2種類、計4種類を販売している。今回購入したのはフラッフィーブルー。
 グロス自体は薄いブルーでつけたときの発色は感じられない。他のリップやグロスと併せて使うことでぷっくりとした立体的な唇をつくってくれる。ラメが入っているためニュアンスチェンジにも最適。数回重ねづけすれば潤いのある艶やかな唇が完成する。
 優れた効果とキュートなフォルムで使用しているうちにたくさんのカラーをコレクションしたくなる。さすがアパレルブランドだけあって、機能性はもちろんコンセプトやデザインもとても優れていると感じた。2021年4月に誕生したばかりの新ブランド、今後話題となること間違いなしだ。(エフェクト 霜越緑)
※記事中の価格は購入時もの

関連リンク

  • 5/23 10:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます