理想なはず...憧れの人と付き合えたのに「何か違う」と思ってしまう原因って?

拡大画像を見る


憧れの人と付き合うことができれば、最高の幸せを感じられそうなものですよね。
しかし憧れの人と付き合うことができたにも関わらず、「何か違う」と思ってしまう人がいます。なぜこのようなことが起きるのでしょうか。
そこで今回は、憧れの人と付き合えたのに「何か違う」と思ってしまう原因について解説していきます。


見た目で好きになっている

憧れの人と付き合えたのに「何か違う」と思ってしまうのは、その人のことを見た目で好きになったからかもしれません。
あなたの好みでは、彼の見た目は完璧なのでしょう。しかし付き合うことになれば、彼の性格も見えてくるようになります。それにより、付き合うと「思ってた感じと違う」と思えてくるのです。
人を見た目で好きになってしまい、すぐに付き合ってしまうとこのような結果になってしまいます。
見た目で好きになったとしても、その人の性格がわかるまでは付き合わないようにすることで、付き合ってから違和感を覚えることもなくなるものですので意識しておいてください。


妄想し過ぎた

付き合う前に妄想し過ぎたことが原因で、付き合ってから「何か違う」と思ってしまうこともあります。
付き合う前はその人のことが大好きですので、付き合ったときのことを妄想しますよね。いつでも優しくしてもらえて、どんなときも素敵な彼のことを想像するものです。
しかし実際に付き合うと、実際の彼が妄想した彼よりも下回ることがあります。その結果、思っていた感じと違うと思ってしまうのです。
これは付き合う前にハードルを上げ過ぎてしまったことが原因です。そのため、付き合う前の妄想はほどほどにしておきましょう。


思い通りにならないことへの不満

思い通りにならないことへの不満が、「何か違う」と思ってしまう原因となっていることもあります。
お互い好き同士とはいえ、違う人間ですので衝突することもありますよね。好きな人と付き合ったからといって、必ずしも幸せなことだけではありません。
そのようにして思い通りにならないことへの不満が、「何か違う」という思いを呼び起こしているのです。
このようにして思い通りにならないことはどのカップルにでもあることですので、これを理由に別れていたら、一生恋愛を成功させることはできないでしょう。
ある程度、不満が出ることを当たり前のことだと受け入れることが大切ですので、意識しておいてください。


自分の心に原因がある

憧れの人と付き合えたのに「何か違う」と思ってしまうのは、彼のせいではなく、あなた自身の心理に原因があります。
それを考えれば、「何か違う」という思いは考え方次第でどうにでもできるということです。
そのため、すぐに別れるという決断をせずに、まずは自分の心と向き合ってみましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/23 9:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます