最終節を勝利で飾ったクーマン 今季を総括「バルサが持つべきレベルに達していなかった」

拡大画像を見る

FCバルセロナのシーズン最後の試合だが、ロナルド・クーマン監督は「これが私の最後の試合ではない」と考えている。バルサは残り10分でアントワーヌ・グリーズマンが見事なゴールを決め、イプルアで勝ち点3を獲得した。

この試合では、ブラウグラナのチームにはリーグタイトル獲得の可能性はなく、エイバルは試合前からすでに降格が決定していたため、何の影響もなかった。ブラウグラナの監督にとって、「より良い気持ちで」帰るためには、試合を勝利で終えることが重要だった。

シーズンの最も重要な部分でのチームの不振は、タイトルへの挑戦の可能性がないまま最終節を迎え、オランダ人監督の将来が宙に浮いているという厳しい結果をもたらした。「色々と言われているが、私は冷静だ。もし、クラブが変更したいことがあれば、私に知らせてくれるだろう」と、エイバル戦後の記者会見でクーマンは説明した。

監督はこの試合を自己批判し、「輝かしいものではなかった」「ゴールチャンスも相手ゴールへの危険性もあまりなかった」と認識しているが、クーマンは「このような難しい状況下でのチームのエネルギーと、選手のプロフェッショナリズム」を強調している。

■チームの現状
「私たちのチームは、バルサが持つべきレベルに達していない。それは明らかだ。クラブにはそれを理解している人がたくさんいる。私たちはチームを改善しようとしている。レベルの高さを示すベテラン選手もいるが、もっと経験を必要とする若手もいる」と説明し、「1シーズンで必要なレベルのチームを揃えることはできない」と断言した。

また、アトレティコ・マドリーやレアル・マドリーに比べてチームの年齢が低いことは、短期的にはハンデになるが、ライバルよりも「良い未来が待っている」と付け加えた。戦力のレベルの低さが原因で、優勝をアトレティコに譲ることになった。アトレティコは、「より長くリーダーであり続けている」チームであり、「より良いチームを持っている」とクーマンは祝福した。

■悪くないシーズン
「見事にコパ・デル・レイを制し、ファンもチームに賛同してくれた。だが、首位を争うような重要な試合を2、3回落としてしまったので、失敗から学ばなければならない。チームに期待をかけすぎた。今シーズンの成績は悪くないし、最高でもないが、毎年2冠を求めるわけにもいかない」とオランダ人監督は説明した。

関連リンク

  • 5/23 8:20
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます