嵐・相葉雅紀は「鶏チャーシュー」!木村拓哉「餃子鍋」…「Jこだわりの1品」!!

拡大画像を見る

 5月16日放送の 『相葉マナブ』(テレビ朝日系)で、嵐の相葉雅紀(38)が「ハマっている自炊料理や出てきたら嬉しい料理は?」との視聴者の質問に答えた。

「相葉は、最近作るのにハマっている料理として、“鶏チャーシュー”を挙げていました。相葉は昨年、二宮和也(37)から低温調理器をもらったといい、それを使って鶏チャーシューを作るそうです。

 肝心の味は“しっとりしてめちゃくちゃおいしい”といいます。嵐のメンバーからもらった器具で作るわけですから、おいしさもひとしおなのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 料理上手なジャニーズタレントも珍しくない中、相葉のようにこだわりの一品を持っている人もいる。

 昨年1月にデビューし、勢いに乗りまくっているSnow Manの宮舘涼太(28)もその1人だ。

「宮舘は料理が得意で、以前はYouTubeのジャニーズJr.チャンネルで『今夜のオカズ 宮舘を添えて』という企画を行っていました。この企画の記念すべき1回目に宮舘が取り上げたのが“ローストビーフ”でした」(女性誌記者)

■ハードルの高いローストビーフを簡単に!!

 ローストビーフというと火加減の調整が難しく、ハードルが高いメニュー。ただ、宮舘は「誰でもお手軽に作れる簡単レシピ」にしているという。

「下味をつけてフライパンで焼くまでは一般的な作り方なのですが、宮舘流はある程度焼いたところで肉をアルミホイルで包みます。それを袋に入れて、沸騰したお湯で15分湯煎すると生焼けではなくしっかり中まで火が通ります。動画で作っていたものも、中が程よいピンク色になっていて、とてもおいしそうでした。火加減の心配がいらないので誰でも挑戦できますし、すぐにでも真似したい一品です」(前出の女性誌記者)

 2012年4月から『ノンストップ!』(フジテレビ系)で料理コーナー『One Dish』に出演し、ジャニーズを代表する料理上手として知られるV6の坂本昌行(49)は、意外にもシンプルなメニューにこだわりがあるという。

「2016年10月発売の『週刊女性』(主婦と生活社)によると、坂本は和洋中なんでも作れるオールマイティーな料理上手ですが、1番の得意料理は“母親直伝の豚のしょうが焼き”だといいます。坂本は『One Dish』で過去に、“新タマソースのしょうが焼き”“豚のしょうが焼きポン酢バター”といったメニューも紹介していますが、こだわりがあるがゆえに、変化球も作れるようです」(前同)

■「うまい! うまい!」とキムタクを唸らせる一品!

 バラエティー番組での活躍が目立つA.B.C-Zの河合郁人(33)も、坂本と同じく「豚のしょうが焼き」を得意としている。

「2020年8月放送の木村拓哉(48)のラジオ番組『木村拓哉 Flow』(TOKYO FM)に出演した河合は、後輩を自宅に呼ぶことがあり、料理を振る舞ってあげるといいます。その中でも特に評判が良いのが豚のしょうが焼きで、河合は“みりんやしょうゆとかじゃなくて、めんつゆとしょうがとニンニクで味付けするんです。それがめちゃめちゃうまくて、出すと速攻でなくなりますよ”とポイントを語っていました」(前出の女性誌記者)

 河合のこだわりの一品を聞いていた木村なのだが、1月2日に「年末からかなりハマってしまった餃子鍋‼︎ 早速、また頂きましたぁ〜‼︎ 身体も温まって、最高です‼︎」とインスタグラムに投稿している。

「木村は、2月7日に配信されたネット番組『木村さ~~ん!』(GYAO!)で実際に“木村流 餃子鍋”を作っていました。木村は真似をしやすいように、入手が簡単な食材をピックアップ。和風だしを使い、具材には白菜、えのき、さつまあげ、油揚げ、もやし、ぶなしめじを投入。そして餃子は市販の冷凍餃子を使用していました。

 ひと煮立ちさせたら、仕上げに糸唐辛子、青ネギをまぶして完成。木村流は食べるラー油、ポン酢をかけて食べるのがポイントだそうです。番組で紹介するために多少アレンジはされていたようですが、木村は、“十分! うまい! うまい!”と自賛していましたね」(前同)

 まだまだステイホームが叫ばれる中、憧れのアイドルたちの作る料理をマネしてお家時間を充実させたい!

関連リンク

  • 5/23 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます