リーグ戦成功の代名詞スアレス、リーガ制覇は5度目

拡大画像を見る

FCバルセロナでの戦力外からラ・リーガ優勝へ。ダビド・ビジャと同様に、ルイス・スアレスもアトレティコ・マドリーの最初のシーズンにリーグトロフィーを獲得することができた。ウルグアイ人ストライカーは、2014年夏にリヴァプールからバルサに加入して以来、5つ目のリーグタイトルを獲得した。

このウルグアイ人は、リーグ戦での成功の代名詞となっている。リーグタイトルを掲げられなったのは、2016/2017シーズンと2019/2020シーズンの2回だけ。そのいずれも、レアル・マドリーがタイトルを獲得している。最終節のレアル・バジャドリード戦の勝利で、7回中5回の優勝となった。素晴らしい記録である。

元バルサの点取り屋の貢献は、アトレティコのラ・リーガでの優れたシーズンの鍵の1つとなっている。スアレスは、ロヒブランコの選手としての最初の試合でドブレテを決めて以来、スピードを失ったにも関わらず、得点能力が健在だということを、非難する人たちに示してきた。彼の数字がそれを裏付けている。この背番号9は今シーズン、21ゴール3アシストを記録し、今シーズンのチーム内得点王となった。

関連リンク

  • 5/23 7:20
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます