代表復帰に褒美 ベンゼマが2021年フランス最優秀選手賞を受賞「今年は間違いなく自分」

拡大画像を見る

カリム・ベンゼマは、レアル・マドリーですべてを勝ち取ってきた選手であり、近年の成功の偉大な立役者の一人だ。彼は目を見張るような活躍をしており、キャリア最高の時を過ごしている言えるだろう。

ロス・ブランコスでのシーズンで完全燃焼し、逆転での2年連続リーグ優勝を信じている今、元リヨンの選手は約6年ぶりにレ・ブルーに招集され、欧州選手権に出場する。そして、フランス代表への復帰を祝うように、海外でプレーするフランス人選手を対象とした年間最優秀選手賞『オンズドール』を受賞した。

シーズン最高のフランス人選手としての評価を受けて、ベンゼマは「今年は間違いなく自分だろう」とおどけた。
「幸せ以上に誇りである。ずっと待っていた。私はいつも仕事をしてきたし、あきらめたこともないし、自分を見失ったこともない。最終的にご褒美を頂いた。すごく嬉しいし、現地に行って、練習して、試合を始めるのが待ち遠しい。多くの才能、多くの選手がいるチームなので、私もこのチームでプレーしたいと思っている」とフランスのサッカー誌『オンズ・モンディアル』から贈られた賞に対して答えた。

彼は代表チームで、2018年のワールドカップ優勝、ユーロ2016の決勝進出を果たした黄金世代と出会うことになる。何年も前から認められていたスターが、「ルーキー」として登場する。

関連リンク

  • 5/22 17:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます