俳優・稲垣吾郎「47歳の今」を激白(2)「私生活はずっと変わらない。趣味も好きな服も友達も、めちゃくちゃ現状維持」

拡大画像を見る

 国民的アイドルとして、長年にわたって活躍してきた稲垣吾郎。華やかなスポットを浴びる中で、ずっと意識し続けてきたことがあるという。

■「普通じゃない連ドラに出演しています」

 いつも新しいことに挑戦したいと語る稲垣。最近では、若い世代との仕事が、大きな刺激になっているという。

「でも私生活のほうは、ずっと変わらないんですよ。仕事とは違って、趣味も好きな服も友達も、めちゃくちゃ現状維持(笑)。仕事では常に壊して、また作っていくけど、プライベートは昔から何も変えてない。すごく両極端かもしれません」(稲垣=以下同)

 現在は、NHKで放送中の連続ドラマ『きれいのくに』に出演している。男性がみんな〝稲垣吾郎〞の顔になっているという世界を舞台にした、ちょっと風変わりな作品だ。

「僕が10役くらい演じていますし、見方によって青春ファンタジーにもSFホラーにもなるし......この作品は連ドラとして普通じゃない(笑)。でも、その挑戦的なところが面白いんですよ。NHKの新しい試みに参加できるのは、俳優としてうれしいですね」

■『週刊大衆』への初登場も……

 新しい挑戦と言えば、今回の『週刊大衆』初登場もその一つ?

「この表紙が面白いですねー。昭和感というか、独特な文化というか。でも、僕が『週刊大衆』に出るというのも、面白いですよね(笑)?」

 次回は『新しい地図』の3人でぜひ!

(スタイリング:黒澤彰乃 ヘアメイク:金田順子)

異色のダークファンタジーよるドラ『きれいのくに』

自分の容姿に悩みを抱えた高校生たちが 暮らすのは、大人たちが同じ顔をした世界。男性は“稲垣吾郎”、女性は“加藤ローサ ”の顔 ばかりの世の中で彼らはどう生きるのか!? 

「狂気とコメディが共存したドラマです」「僕自身、何役も演じるのは初めての経験。同じ顔で同じ声なのに違う人物ですから、力量が試された気がしましたね」(稲垣)

NHK総合 毎週月曜よる10時45分~

出演:青木柚、見上愛、岡本夏美/吉田羊、加藤ローサ/稲垣吾郎他

いながき・ごろう

1973年12月8日生まれ。1991年CDデビュー。2017年に草なぎ剛、香取慎吾と共に「新しい地図」を立ち上げる。俳優としてドラマや映画で活躍。主な出演作に、ドラマ『不機嫌な果実』( テレビ朝日系)、連続テレビ小説『 スカーレット』(NHK)、映画『半世界』『  ばるぼら』、舞台『No.9-不滅の旋律-』 がある。

関連リンク

  • 5/23 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます