自宅にいながら本屋さんに本を選んでもらえる「ブックカルテ」の選書数が500冊突破!


“思いがけない本との出会い”を提供するリグネから昨年12月にリリースされたサービス「ブックカルテ」が、選書数500冊を突破!“自宅にいながら本と出会う”という、本と人との新しいマッチングの形を生み出している。

「ブックカルテ」とは

「ブックカルテ」は、“⾯⽩い本、⾃分にとってためになる本を読みたいけれど、選び⽅がわからない”という人のために、本屋に⾏かなくても、悩みや好みを書いた「カルテ」を元に書店員が本を選んでくれるサービス。


「ブックカルテ」のサイトから、⾃分が“本を選んで欲しい!”と思う書店員を選び、その書店員に1万円分の本を選んでもらう。選んで欲しい本のリクエストは「カルテ」を記⼊することで書店へ届き、書店から届くリストを承認することで本が発送される仕組みだ。

Amazonなどのネット書店では実現しづらい、“自分では⼿に取らなかった、知り得なかったような本との出会い”を楽しめるのが特徴となっている。

個性豊かな書店員が続々と参入!


同サービスは、リリースから約半年を迎え、Twitterで話題の⽂学賞「山中賞」の生みの親である“TSUTAYA 中万々店”の山中さんや、「現役の映画批評家」が一人店主をつとめる“本屋ロカンタン”の萩野さんなど、ユニークな特徴のある書店員が続々と参入している。

「絵本・児童書専⾨書店」参加&「ギフト機能」も追加

さらに、子どものための絵本をプロに選んでほしいというニーズにも応え、東京・千葉・⼤阪・愛媛・福岡と全国各地から7店舗の「絵本・児童書専⾨書店」も参加し、より豊かな選択肢を提供できるように!


また、5⽉1⽇(土)より「ギフト機能」が新たに実装され、出産祝いや、子ども・孫の誕生日のプレゼントなどで「絵本・児童書をプロに選んでもらう権利」を贈ることも可能になった。

会員登録後、マイページから「ギフトを贈る」へ進むと、指定したメールアドレスにギフトコードを贈ることができる。

「ブックカルテ」を利用して、より豊かな“おうち読書体験”をしてみては。

画像をもっと見る

  • 5/21 18:35
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます