徳島、ポヤトス監督合流後初の連勝ならず…2位名古屋は首位追撃へ手痛いドロー

拡大画像を見る

 22日に明治安田生命J1リーグ第15節が行われ、徳島ヴォルティスと名古屋グランパスが対戦した。

 徳島は前節、リーグ戦でダニエル・ポヤトス監督合流から待望の初勝利。ホームで迎える今節は、新監督の下で初の連勝を目指す一戦となった。一方、現在2位の名古屋は前節清水エスパルスを相手に0-3で勝利。首位の川崎フロンターレに勝ち点差10をつけられており、リーグタイトル獲得のためにも勝ち点3を積み上げたい一戦となった。

 先にチャンスを迎えたのはアウェイの名古屋。12分、敵陣中央でFKを獲得しFWマテウスが浮き球のパスをボール前に供給すると、DF中谷進之介がヘディングシュートを放つ。しかしボールは枠の上へと外れる。

 対する徳島は18分、敵陣ペナルティエリア手前左でボールを持ったFW杉森考起が、右足でファーサイドを狙ったシュートを放つ。ボールはわずかに枠の右へと外れ、得点には至らない。試合はスコアレスのままハーフタイムを迎える。

 後半開始早々、徳島のFW宮代大聖が名古屋のゴールを脅かす。敵陣ペナルティアーク付近で前を向くと、対峙した相手DFのタイミングを外し、鋭く右足を振り抜いた。しかし低い弾道のボールは枠の左へと外れ、ゴールネットを揺らすことができない。

 その後はホームの徳島が宮代を中心にボールを保持し、名古屋が自陣で待ち受けるような展開となる。そしてスコアは0-0の時間が長く続く。

 すると75分に名古屋がチャンスを迎える。味方からのスルーパスでペナルティエリア左へと抜け出したFW柿谷曜一朗が、左足でシュート。しかしボールはゴールの右へと外れ、先制点には至らない。一方の徳島は80分、宮代の落としを敵陣中央で受けたMF小西雄大が、左足で豪快なミドルシュートを放つ。しかしこれもゴールの上へと外れ枠を捉えられない。

 名古屋は88分、ゴール正面30メートルの位置でFKを獲得。キッカーのマテウスは左足で鋭いシュートを放つも、徳島の壁に阻まれ得点とはならず。

 結局試合はこのまま0-0のスコアレスで終了。ホームの徳島はボールを保持する時間が続くも、ポヤトス監督合流後初の連勝を飾ることはできなかった。一方の名古屋にとっては首位の川崎F追撃へ、手痛いドローを喫している。

【スコア】
徳島ヴォルティス 0-0 名古屋グランパス

関連リンク

  • 5/22 19:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます