【オークス】ソダシ吉田隼人騎手「1着で勝ち抜けられるように頑張りたい」/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 白毛ということでその存在だけで注目されがちなソダシですが、いまや桜花賞の走りっぷりからして“白毛”でなくても十二分に注目されるべき存在ですよね。ホント、強い。

「(桜花賞は)ひじょうに強かったと思います。課題だったゲートも素直にこなしてくれて、テンよし、中よし、終いよし、という競馬だったと思います。最後はヒヤッとしましたけど、4コーナーの手ごたえを考えたらそのまま押し切れるという自信もありました」と主戦の吉田隼人騎手も愛馬を褒めちぎります。

 オークスに向けては2週前追い切りから吉田隼人騎手が手綱をとっていますね。

「変わりなくきています。状態はいいと思います」

 2400mへの距離延長はさほど悪くはとらえていないようです。

「はじめての2400。馬の行きっぷりや手ごたえはわからないが、今までやってきたことをこなせば2400はこなせると思う。あとは普段どおりのことが当日できるかどうか、でしょう。普段から乗っているので、その絆が試されるのでは、と思います」

 そして、注目すべきは、自分から逃げるということは「十分あると思います」と吉田隼人騎手が話していること。

 ソダシは毛色からして当然目立ちますから、これまでも簡単にマークされてきました。これといった逃げ馬がいない中、ソダシが淡々と逃げる姿、想像しただけでワクワクします。

「スタートしてから多少突っ込む部分は未だにある」ということからも、すんなり先手をとる可能性はかなりありそうですね。

 結果を求められているだけに吉田隼人騎手もかなりのプレッシャーがかかっているかと察しますが…乗り切って欲しいですね。

「無敗でオークスに挑戦します。未知の距離ですが、1着で勝ち抜けられるように頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします」

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 5/22 18:45
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます