「明日なんかある?」なんもないけど断りたい時のうまいかわし方4つ

拡大画像を見る

恋愛対象外の男性からデートに誘われると、断り方に困ってしまいますよね。断り方を間違えると、トラブルになることも少なくありません。
今回は、断りたい誘いをうまくかわす方法を4つ紹介します。


体調が悪い

恋愛対象ではない男性からの誘いは「体調が悪い」と言ってかわすのがベター。体調が悪いといわれると、それ以上は誘えません。断るときには「誘ってくれてありがとう、でもちょっと体調が悪いんだよね」と、感謝の気持ちを伝えましょう。「ありがとう!」と感謝の気持ちを伝えることで、相手を嫌な気持ちにさせずにすみますよ。


忙しい

忙しいのを理由にして誘いを断るのも、1つの方法。気のない女性からの誘いを「仕事が忙しい」と言って断る男性も多いので、脈がないことを察してくれる男性もいます。中にはあなたの気持ちに気づかない男性もいるので、そのときは「しばらく忙しいから遊べない」と、きっぱり断るのも重要。トラブルにならないためにも、中途半端に気をもたせるのは禁物です。


みんなで遊ぼう

「みんなであそぼう」と言って、遠回しに2人では会えないことを伝えるのもいいですね。「みんなで」の言葉に、脈がないんだなと気づく男性は少なくありません。
気持ちがない男性に誘われたときには「みんなで遊ぼうね」と言って、気持ちがないことを察してもらいましょう。


好きな人がいる

「好きな人がいる」と言って断るのも、うまいかわし方といえるでしょう。よほどの強者でないかぎり、好きな人がいる女性を誘おうとする男性はいませんよね。誘いを断ることに罪悪感を感じる女性もいますが、気がないのに期待させるほうが相手を傷つけてしまいます。

気がない相手からの誘いは、はっきりと断るのが重要。そのときには「ありがとう」の言葉をそえるようにしましょう。
余計なトラブルにまきこまれないように、うまく誘いをかわしてくださいね!(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/22 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます