母「アンポンタンカレー買ってきて」 2択に絞った結果、まさかのオチに

拡大画像を見る

記憶というものはあてにならないもので、人間誰しも時には勘違いをしてしまうもの。

二階堂リトル(@littole1126)さんがTwitterに投稿した親子のエピソードに、多くの人が笑顔になりました。

母親の勘違いにより、おつかいが難易度MAXに

「無印のアンポンタンってカレー買ってきて」

ある日、母親からそういわれた二階堂さん。雑貨店『無印良品』でのおつかいを頼まれたのですが、カレーとは思えない名称です。

きっと母親は商品名を勘違いして覚えているのでしょう。二階堂さんは「カレーである」という少なすぎるヒントを頼りに、店でなんとか2択まで絞ることができたといいます。

二階堂さんが探し出したのは、日本では聞きなれない『マサレマカレー』と『カリアヤムカレー』という2つのカレー。

しかしその後、二階堂さんは商品棚で真の『アンポンタン』に出会うのです…!

母親が指示した『アンポンタン』とは、アメリカの料理である『チリコンカン(別名:チリコンカルネ)』!

二階堂さんが母親に確認をとったところ、「そうそう!このチンチロリンおいしかったのよ!」といってきたそうです。

ちなみにチリコンカンはカレーではないため、唯一のヒントすら間違っていたことになります。

二階堂さんによると、「自分の母親にとって、『ドロっとしたご飯にかけるもの』はすべてがカレーという認識」なのだとか。

「難易度が高すぎる」「どんな勘違いだよ!」とツッコミながら見守る人が続出した、ハイレベルなおつかい。ネットを通して多くの人が笑顔になったようです!

[文・構成/grape編集部]

出典 @littole1126

関連リンク

  • 5/22 16:48
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます