峯岸みなみ、AKB48最後の1期生がついに卒業!バラエティ等で存在感を発揮したこれまでの活躍を追う

拡大画像を見る

 5月28日の卒業公演をもってAKB48から卒業する峯岸みなみ。2017年に小嶋陽菜が卒業してから、唯一創設時から在籍し、グループのこれまでの歴史を間近で見てきたメンバーである。

 歴史の傍観者でもある峯岸の卒業はグループのエースの場合とまた違った意味合いでグループ内外に大きな影響を与えることになるだろう。ここで峯岸が在籍した約15年の功績を振り返ってみたい。

 2005年に「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に合格し、AKB48の1期生として加入した峯岸。多くのシングル表題曲で選抜入りを果たすなど、AKB48の中心メンバーとしてグループを支えてきた。また、2008年には高橋みなみと小嶋陽菜らと共に「ノースリーブス」を結成。グループやユニットを通して高いダンススキルを発揮していった。

 女優としても『メン☆ドル~イケメンアイドル 』(テレビ東京)や映画『もし高校野球のマネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』、『女子高』などにも出演し活躍。2021年には指原莉乃がプロデュースをしているアイドルグループ・=LOVEの楽曲『しゅきぴ』のMVの監督を務めたことでも話題となるなど、活躍の場を広げている。

 2013年には頭を丸刈りにしYouTubeに投稿した謝罪動画がアイドル界のみならず社会にまで大きく影響を与え、峯岸のアイドル人生を大きく左右することとなった。

 スキャンダル報道に端を発した一連の出来事は、AKB48の恋愛禁止という明文化されていないシステムの是非に加えて、人権問題にまで波及。これによって峯岸は研究生へと降格という処分が決定したが、同年8月には正規メンバーへと昇格、新しく生まれ変わったチーム4のキャプテンにも就任した。

 これらを乗り越え2015年にはチームKのキャプテンにも就任し、1期生として培ってきた多くの経験を後輩メンバーにも伝える役目を担ってきた峯岸。アイドルを辞めるという決断もできたなかで、あえて続けることを選んだ峯岸の決意はAKB48に多くのものをもたらした。

 峯岸は持ち前の明るさと何事にも貪欲な姿勢でAKB48のムードメーカー的な立ち位置を獲得。中でもトーク力の高さからトーク番長とも呼ばれ、秋元康からは「20年後、30年後も間違いなく芸能界で活躍している」と評価されるほどだった。

『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で剛力彩芽の「友達より大事な人」のモノマネダンスを披露してブレイクを果たしたのも記憶に新しい。どんなことにも体当たりで挑み、バラエティを盛り上げる姿勢があるからこそテレビ番組でも重宝されたのだろう。

 2020年1月から始めたYouTubeチャンネルでも峯岸の人懐っこさやトーク力が発揮されており、指原とコラボした動画「【炎上】さっしーがお家に遊びに来て色々喋ってくれた【嫉妬】」は275万回再生(2021年5月20日現在)を突破。卒業した後もこれまでと同じような活躍をできるアイドルは一握りだが、峯岸ならばきっとマルチな才能を活かして活躍していけるはずだ。今後も彼女らしく変わらぬ活躍を期待したい。

峯岸みなみプロフィール

 1992年11月15日生まれ、東京都出身。「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に合格し、1期生としてアイドルデビュー。愛称は“みいちゃん”。2006年にインディーズデビューシングル『桜の花びらたち』で選抜入りを果たし、中心メンバーとして活躍。2008年には小嶋陽菜、高橋みなみと共にユニット「ノースリーブス」を結成し、9枚のシングルと1枚のアルバムをリリースするなど積極的に活動。選抜総選挙では16位→14位→15位→14位→18位→22位→19位→17位→19位→32位とシングル選抜入りも果たしている。

 2013年にはチーム4、2015年にはチームKのキャプテンを歴任するなど、1期生としてチームを牽引。2016年に映画『女子高』で主演を務める。2008年には『SOUTH』(ワニブックス)、2016年には『私は私 峯岸みなみフォト&エッセイ』(竹書房)を発売。

 2020年1月にはYouTubeチャンネルを開設しYouTuberデビューを果たし、チャンネル登録者は18.6万人を突破している(2021年5月20日現在)。同年11月には=LOVEの楽曲「しゅきぴ」のMVの監督を務めたことで話題を集めた。2021年5月22日にぴあアリーナMMにて卒業コンサート「桜の咲かない春はない」を開催、28日にAKB48劇場で開催される卒業公演をもって卒業。

関連リンク

  • 5/22 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます