ディーン・フジオカ、タトゥー解禁間近⁉“NGなし極上ボディ”に高まる期待!

拡大画像を見る

 現在放送中の吉沢亮(27)主演NHK大河ドラマ『青天を衝け』に、五代才助(友厚)役で出演しているディーン・フジオカ(40)。

 15年の朝の連続テレビ小説『あさが来た』で“五代ロス”を巻き起こしたディーンが5月9日の放送回で再び登場すると、ネット上は大盛り上がり。≪感無量≫≪画面の華がすごい!≫≪テンションあがった≫≪ディーンさんはかっこいいけど、五代さんを演じてると数万倍かっこよさが増す≫と歓喜の声で包まれた。

「それまではアジアの国々を中心に活動してきたディーンですが、この『あさが来た』出演を機にブレイク。一躍日本全国にその名を広め、その後、トントン拍子に連続ドラマの主演級にまで駆け上がりました。今の地位を築くきっかけとなった五代役はまさに“当たり役”でしたから、本人にとってもファンにとっても、思い入れの強い役どころでしょう」(女性誌記者)

 2度目の五代ブームの機運が高まりつつある一方で、6月30日には、自身初の写真集『Z-Ero』(幻冬舎)の発売も控えている。

「各種販売サイトでも予約は好調のようです。先日解禁された先行カットでは、ディーンは鍛え上げられた厚みのある胸筋とたくましい上腕二頭筋を披露しており、大きな話題を呼びました。ただ、一部のファンが期待していた“アレ”は、残念ながら写っていませんでしたが……」(前出の女性誌記者)

“アレ”というのは、一体何なのだろうか。

◆ディーンの “アレ”がついに解禁か!?

「右の二の腕にあるタトゥーです。香港で活躍していた頃、自分のイニシャルと強運を呼ぶと言われる獅子(ライオン)のモチーフを入れたんだとか。5月20発売の『週刊文春』(文藝春秋)によれば、当のディーンは“隠す意味がわからない”と気にしていないそうですが……。さすがに16年1月22日放送のNHK『あさイチ!』に出演した際はテーピングで隠していましたし、戦略的な意味合いもあり、人気が出てからはあえて見せることはしてこなかったようですね。

 しかし、前述の『週刊文春』の記事は、“報道番組出演のために肌の露出を控えていたが、昨年卒業したことでタブーとされていた裸が解禁になった”といった趣旨の内容です。このたびの写真集もディーン側から持ち上がったものだそうで、タイトルにも≪ZERO(ゼロ)からスタートする気持ちで臨む≫という本人の強い思いが込められているといいます。野性味あふれる肉体美の解禁は、今までのイメージを一新し、新境地を見せたいという気持ちのあらわれなのかもしれません。写真集本体で“タトゥー入り極上ボディ”が見られることを期待したいですね!」(前同)

 今年の8月19日で御年41歳になるディーン。40代突入とともにまさかの“NGなし”の方針転換で、今までとは違うワイルド&セクシーな姿を見せてくれそうだ。

関連リンク

  • 5/22 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます