口論の末に放火した女 燃え盛る自宅前に座り読書(米)

拡大画像を見る

米メリーランド州セシル郡エルクトンにて先月29日午後1時15分に民家で火災が発生し、この家に住むゲイル・J・メットウェリー(Gail J. Metwally、47)が放火など複数の容疑で逮捕された。

燃えた家にはゲイルの他に3人が住んでおり、火災の直前にゲイルは玄関先で一緒に住む男性の1人と口論し、その様子が隣に住んでいるエイヴリー・ハモンドさん(Avery Hammond)によって撮影されていた。

動画は道路を挟んで遠くから撮影されているので、口論の内容は聞こえない。しかし白いキャミソールを着たゲイルの手には棒のような物が握られており、男性に向かって振り上げる場面もあり激しく怒っているようだ。ゲイルの行動に相手の男性も頭にきたようで、ゲイルに向かって大量の水を浴びせている。

そして画面が切り替わり、今度はピンク色のシャツを着たこの家に住む女性が玄関に現れ、ゲイルと激しい口論を始めた。そして最初に口論していたと思われる男性がエイヴリーさんの元に来て、「話が通じない」と言わんばかりに首を横に振った。

再び画面が切り替わると、なんと家の内部が燃え始めた様子が映った。エイヴリーさんは一緒にいた男性に「おい、家を燃やそうとしているぞ!」と動揺を隠しきれない様子で話しかけている。

そして驚くべきことに、燃え盛る家の目の前にわざわざ椅子を持ち出し、そこに座って読書をするゲイルの姿が映っていたのだ。

正気の沙汰ではないゲイルの行動に、エイヴリーさんが「今見ている光景が信じられないよ」と繰り返しつぶやく声が聞こえる。そして数秒後に再度画面が切り替わると、大量の煙に包まれ、激しい炎が外にまで広がった無残な家が映し出された。

当時この家に住む4人のうちゲイルを含めた3人は外にいたが、ゲイルと口論していたピンク色のシャツを着た女性はまだ家の中にいたという。その女性が窓から脱出しようとする姿を見つけたエイヴリーさんは「家が燃えているぞ! 早く家から出るんだ!」と叫び、一緒にいた男性と共に駆けつけて女性の脱出を手伝った。

しばらくして炎が大きくなってくると、ゲイルは椅子をそのままに歩き去ったという。その後、数台の消防車が集まり、消防士らが現場に駆けつけると玄関先の天井が崩れ落ちる様子が映っており、家は壊滅的な被害を受けたようだ。

放火の方法について、ゲイルは外にあったゴミ箱に火をつけ、それをリビングルームに投げ捨てたと伝えられている。この件で現場近くにいたゲイルは逮捕され、第1級および第2級の殺人未遂、第1級の意図的な放火・暴行、物的損害など多くの罪に問われた。またゲイルは精神的な問題を抱えていたとも報じられた。

この動画を見た人からは「最悪な“カレン”だね(※)」「頭おかしいでしょ」「人を殺してしまう可能性もあったのに、こんなことをするなんて信じられない」といったコメントがあがり、多くの人が理解に苦しんでいるようだ。

ちなみにゲイルの代理人である弁護士からのコメントは今のところなく、口論の原因についても明かされていない。来月2日の裁判にゲイルは出廷する予定で、そこで詳細が語られると見られる。

(※)カレン:他人の迷惑を顧みずやりたい放題の白人女性を指すネットスラング

画像は『WBFF 2021年5月1日付「Officials: Woman set Md. home on fire with someone inside, then watched it burn from lawn」(Maryland State Police)(Dave Statter - Statter911)』『Cecelia Westley 2021年4月30日付Facebook「Karen Strikes Again.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 5/22 4:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます