トゥヘル監督、トップ4入りへ意気込み「ここでステップアップする」

拡大画像を見る

 チェルシーを率いるトーマス・トゥヘル監督がトップ4入りへ意気込みを語った。21日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 プレミアリーグ第23節は23日に各地で一斉開催されるが、チェルシーは敵地で11位アストン・ヴィラと対戦する。チェルシーはここまで勝ち点67ポイントで3位につけており、ともに勝ち点66ポイントの4位リヴァプールと5位レスターとはわずか1ポイント差となっている。アストン・ヴィラ戦に勝たなければ来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃す可能性もある。

 トゥヘル監督は、観客が動員される敵地でのアストン・ヴィラを警戒。ホームで行われた前節レスター戦での勝利を振り返りつつ、ファンの後押しがチームにとって大きな力になることを感じているようだ。

「ファンの数では彼らの方が圧倒的に多い。しかし、勝ち点においては、彼らは我々と交換したいくらいだろう。アストン・ヴィラのサポーターはもちろん我々のためではなく、アストン・ヴィラのために効果を発揮する。それは彼らにとっては利点だ。試合が難しくなるのは間違いない」

 それでも、トゥヘル監督はトップ4入りに自信を示し、「観客がいるなかでプレーするのはとても気持ちがいいし、違うゲームになる。チャレンジと逆境が増えるのはわかっているが、我々はここでステップアップするんだ」と意気込みを語った。

 また、トゥヘル監督は負傷者についても言及。前節は招集外となっていたドイツ代表MFハフェルツは「今日テストを行い、明日にももう一度行う予定」と出場の可否については不透明なようだ。さらに、前節32分で途中交代となったフランス代表MFエンゴロ・カンテについては「非常に微妙な状況だが、明日のチームトレーニングで試すという希望はある。もしそうでなければ、彼は月曜日にチームに復帰することになるだろう」とした。
 

関連リンク

  • 5/22 2:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます