【愛車遍歴】ケニアのタクシー運転手になってから私が乗ってきたトヨタ車たち / カンバ通信:第85回

拡大画像を見る

ジャンボ〜。ケニアの首都ナイロビでタクシー運転手やっとりますチャオスです。今回もリクエストボックスに、オレの大好きな自動車に関する質問が届いていたので答えちゃおうかな。田中さんからの質問で、内容は……

「(前略)チャオスさんの車遍歴など教えて欲しいです」

よし、答えよう。結論から言うと、いま乗ってる車が3台目。1台目も2台目も、そして今の車も、すべてタクシー家業のための車だよ。どの車のことも、よ〜く覚えている。ちなみにすべてトヨタ車だ。

・1台目:トヨタ「NZEカローラ」

タクシー運転手になろうと決めて、まずオレはタクシーの会社に入った。とても小さな会社で、上司はオレにトヨタの「NZEカローラ」を貸してくれた。

めちゃんこ古い車でね、貸し出された時の走行距離は28万8790kmだった。とにかく燃費が悪くて、オイルも漏れていた。ちなみに日本人のゴー(羽鳥)と初めて会った時に使っていたのも、この車だ。

しかしある時、道路のド真ん中でエンジンが止まった。JAF的なサービスを呼んだところ、ラジエーターの問題だとわかった。その後、その車は上司が引き取って行った。走行距離40万kmあたりの出来事だ。

・2台目:トヨタ「ノア」

忘れもしない2014年、オレは新しいタクシー会社に行った。そこの上司がオレに貸し出してくれたのが、走行距離12万kmのノアだった。

それはそれは素晴らしい車だった。非常に快適に7人も乗せることができる。しかも悪路を運転してもへっちゃら。父や母をノアに乗せて、ケニアきってのリゾート地「モンバサ」に家族旅行しに行ったこともある。

オレは2年間ほどノアを運転した。走行距離が29万kmになったとき、オーナーである上司はノアの売却を決意。そして運良く100万ケニアシリング(約100万円)で売り抜けた。オレは会社をやめ、独立した。

・3台目:トヨタ「ラウム」

そして今の車が、自分で買ったトヨタのラウムだ。走行距離約4万km、120万ケニアシリング(約120万円)にて購入した。詳しくは過去記事を参照ね。

正直言うと、ラウムに関しては満足していない。できることなら、トヨタのノアを運転したい。でも、ノアを買う余裕はないので、もうしばらくラウムで我慢しなきゃならない。がんばらねば! オレの愛車遍歴は以上の通り。クワヘリ!

執筆:チャオス(カンバ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 5/21 21:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます