エレコム、モバイルソーラーなど4製品で防災安全協会が認証

拡大画像を見る

 エレコムは5月20日、現在発売中のモバイルバッテリやモバイルソーラー充電器などの4製品が防災安全協会の定める「防災製品等推奨品」に認証されたと発表した。

 今回、防災製品等推奨品に認証された「防災LED付 平型モバイルバッテリー」「防災LED付 懐中電灯型モバイルバッテリー」「モバイルソーラー充電器」「コンパクトポータブルバッテリー」の4製品は、いずれも停電時や災害時に電源や光源の確保が可能となることから、「災害時における必要性、安全性、優れた性能を有するものである」と評価された。
 エレコムの「防災アウトドア」シリーズは、災害時のみに使用する製品ではなく、普段使いもできて災害時にも役に立つ製品ラインアップで、もしもの場合の被害を軽減する。
 防災LED付 平型モバイルバッテリーは、被災時などに光源として利用できる拡散型のLEDライトを搭載したスマートフォン用モバイルバッテリ。ライト部は、4段階調光点灯とSOSモールス信号パターンの点滅が可能で、搭載した磁石や三脚穴、フックを利用した多彩な設置に対応している。防塵防水の保護規格のIP44に対応しているため、短時間の小雨であれば安心して使用できるほか、約500回繰り返し使用可能な充電式リチウムイオン電池を搭載している。
 防災LED付 懐中電灯型モバイルバッテリーは、被災時などに光源として利用できる懐中電灯型のLEDライトを搭載。ライト部は、4段階調光点灯とSOSモールス信号パターンの点滅が可能で、水を入れたペットボトルに取り付けることで簡易的なランタンとしても使用できる。
 モバイルソーラー充電器は、ケーブルで接続するだけで充電が可能な、防災・アウトドアに最適のソーラー充電器。取り込んだ太陽光を高効率で電力に変換できるパネルを採用している。折り畳むことができ、どこかに設置する際に便利な吊り穴と取っ手も付いている。
 コンパクトポータブルバッテリーは、災害時の防災や、キャンプなどアウトドアイベントで活躍する、コンパクト設計で持ち運び・収納がしやすい3種類の充電ポートを搭載した222Whのポータブルバッテリ。12V/10AのDC 出力ポート、USB-A ポート、USB Type-C(USB-C)ポートの3種類の充電ポートを搭載しており、合計最大出力45Wでスマートフォンなどの急速充電が可能となっている。

関連リンク

  • 5/21 21:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます