前澤友作氏、「論破王」ひろゆき氏との舌戦では逃げ腰でイメージダウン?

拡大画像を見る

 ZOZO創業者の前澤友作氏が5月18日に自身のツイッターアカウントを更新し、2ちゃんねる創設者のひろゆき氏による“捏造”を「困ってしまいます」と嘆いている。

 2人の舌戦が勃発した発端は、児童養護施設に対する寄付方法の不一致だった。

 前澤氏は今年2月にツイッター上で寄付企画の協力者を募り、「500万円以上ご用意頂ける方」「寄付の精神で取り組んで頂ける方」とその募集要項を説明。これに反応し、挙手したのがひろゆき氏で「これって、おいらが500万円出すと、前澤さんも500万円出してくれるの? それだったら、参加するー」とリプライしていた。

 両者の“寄付の精神”は合致したものと思われたが、その後、ひろゆき氏は前澤氏の意向で寄付計画が見送られたと説明。5月14日のYouTubeチャンネルでは、前澤氏のスタッフから「日本で児童養護施設って700くらいしかない。多少それっぽいところを集めても1000くらいしかないのでどんなに頑張っても(前澤氏の)フォロワーが増えない。増えるフォロワーが少ないのでやらない」といった旨の言葉があったと明かし、「前澤さんは社会がどうこうというより、フォロワーが増えるかどうかなので、児童養護施設じゃなくて、日本中の人に応募をさせてフォローしたいっていうふうにしたいと考えている」と前澤氏の思惑を推察していた。

 そして、15日にはツイッターでも「(前澤氏のスタッフとの)会議のやりとりを書いときます。前澤さんスタッフ『児童養護施設の数が700しかないので、施設に限定するとフォロワーが増えないので、限定したくない。』 おいら『お金を配るとPC買わなかったり、間違ったスペックを買うので、PCを配る方がいい』 スタッフ『お金を配る方が応募が増えます』」とし、配布先や配布物を限定したくない前澤氏サイドと、PCを児童養護施設に限定して配布したいひろゆき氏の押し問答を綴った。

 だが、この投稿に前澤氏も反応し、「スタッフに確認取りましたが『限定するとフォロワーが増えない』や『お金を配る方が応募が増える』とは一切言っていないとのこと」と反論。すると、再びひろゆき氏は「Zoomは前澤さん側で準備して頂いたので、会議の録画を出してもらえばスッキリすると思いますー」とリモート会議の録画を提出することで、一連のやり取りが証明されると主張した。

 その後、ひろゆき氏は、2月の募集の段階で「お金贈りすると、人や社会に役立てる、フォロワーが増える」と記した前澤氏本人のツイートを引用し、「お金を配るとフォロワーが増えると自分で書いてる前澤さん。『お金配りはフォロワーを増やす目的じゃない』とか言い出さないで、素直に認めちゃえばいいのに。。。」と指摘。これに対しても前澤氏は「『お金配りはフォロワーを増やす目的じゃない』とか僕一言も言ったことないのに、こうやって都合よく、言ってもないことを言ったかのように捏造されてしまうので困ってしまいます」とひろゆき氏による“捏造”に苦言。続けて、「当時の会議の内容は会議に参加した担当より西村様宛にメールしております。この件、これで終わりにします」と締め、同氏とのバトルにピリオドを打った。

「結局のところ、フォロワーを増やしつつ、社会貢献も併せて進めていきたい前澤氏と、フォロワーの増減に一切関心がなく、とにかくPCを児童養護施設に限定して配布したいひろゆき氏の間に価値観の相違があったということ。ただ、ひろゆき氏からの指摘を“捏造”とまで表現した前澤氏は、最後まで実際の会議の録画映像提出には応じず、両者がスッキリするには至りませんでした。

 また、当初からひろゆき氏は『500万円分のPC支給』という希望を掲げており、それに前澤氏は一旦賛同したはずですが、最後まで現金支給にこだわった結果、計画は頓挫。そうした経緯を見たネットユーザーからは、今回の一件により、前澤氏のフォロワー増やしへの執着が垣間見えたとする声も多く、『展開だけ見たらどう考えても前澤さんがおかしい』『結局はお金で人を釣りたいだけでしょ』『前澤氏の印象悪くなっただけ』『逃げただけに見えます』『メールの文章なんか改ざんできる。ひろゆきの要求してるのはzoomの録画の公開だよ』『今回はひろゆきのほうが好感度上がるね』との指摘が寄せられました」(芸能ライター)

 頭の回転の速さと博識さを生かし、様々な著名人を次々に言い負かしてきた「論破王」の異名を持つひろゆき氏。相手がフォロワー1000万人超えの大富豪だろうが、一切の容赦のなさを見せ、結果的に多くのネット民を味方につけた格好となった。

関連リンク

  • 5/21 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます