中川翔子、免許更新が“トレンド入り”したファンお馴染みの「氏名」欄の謎

拡大画像を見る

 5月18日、タレントの中川翔子がツイッターを投稿。一時トレンド入りをするなど話題となった。

 中川は「中川 しようこ 初めての免許更新!!してきたぜ 安全運転に気をつけてドライブ楽しみましょう」と綴り、更新された免許証をアップした。

「中川は自身のYouTubeチャンネルでたびたびドライブ動画を投稿していますが、YouTubeを立ち上げた当初はほぼペーパードライバーで、かなり危なっかしい運転ぶりを見せていましたね。しかしこれにより広告案件も舞い込み、3月には最新カーナビを使ってのドライブ動画も投稿。それでも運転技術の方は、まだ命がけとも思えるぎこちなさぶりですが(笑)」(ネットライター)

 そんな中川が今回、AT限定の免許を更新したわけだが、その写真写りの良さとともに注目されたのが、“氏名”欄。ツイッターの文面にもあるように、「中川 しようこ」と明記されており、この「中川しようこ」のワードがトレンド入りを果たしたのだ。

「“しょうこ”ではなく“しようこ”である理由は、ファンの間でも有名な話。自ら著した『しょこ☆まにゅ』や過去に出演したバラエティ番組でも明かしていますが、彼女が生まれた際、母親の代わりに伯母が出生届を代理で手続きしたところ、本来届け出しようとしていた“薔子(しょうこ)”の薔が常用漢字・人名用漢字に該当しなかったことから受理されず、頭にきた伯母が平仮名で書きなぐったところ、“ょ”が“よ”として判別され、そのまま戸籍に登録されてしまったとか。とんだ命名トラブルですが、今回のトレンド入りで彼女もテンションが上がった様子をツイッターで見せていることから、ネタ的にはオイシイのかもしれません」(芸能ライター)

 ともあれ、今後も安全運転をお願いしたい。

関連リンク

  • 5/21 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます