チェルシーFWアブラハムの退団は既定路線か…今季上位の2クラブが争奪戦

拡大画像を見る

 チェルシーのイングランド代表FWタミー・アブラハムを巡ってウェストハムとレスターが争奪戦を繰り広げているようだ。

 アブラハムは1997年生まれの23歳。今シーズンは32試合出場12ゴール6アシストを記録しているが、1月末のトーマス・トゥヘル監督就任後から出場時間が減少しており、同監督のもとでは230分の出場にとどまっている。

 また、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナー、ドイツ代表MFカイ・ハフェルツの存在もあり、今季末での退団が有力視されている同選手を巡って多くのクラブが関心を締めていると見られている。なかでもチェルシーとチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争ったレスターとウェストハムがレースを繰り広げているという。

 チェルシーはアブラハムに対し4000万ポンド(約62億円)を設定しているようだが、現状を考慮すると引き下げざるを得ないという。今シーズンもリーグ戦は残すところ1試合。早くもシーズンオフの移籍市場に向けて水面下で動きがありそうだ。
 

関連リンク

  • 5/21 16:17
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます