喜怒哀楽が激しすぎる!そんな彼とうまく付き合うコツって?

拡大画像を見る


さっきまでにこやかだったのに、気がつけば怒り顔、そんな彼の態度に付き合いきれないと悩む女性も少なくありません。相手のことを理解したいと感じながらも相手の喜怒哀楽がはげしすぎたら、付き合うことができないからです。
では、どうすれば改善することができるのかお伝えします。


機嫌が悪いときは放っておく

彼の機嫌が悪いと感じるときは、放っておくがいちばんです。機嫌が悪いというだけで女性からすると嫌だなという感情しか芽生えません。男性に対してストレスやイライラしかうまれないのです。
機嫌が悪いと思うことは、実は男性の方が女性よりも多い傾向にあります。気分屋の方なら尚更ですが、彼が機嫌が悪いときは何かがあった証拠と考えそっとしておいてください。


構わない

機嫌が悪いとその雰囲気が嫌と感じ、なんとかして普通に戻したいと感じるかもしれません。この気持ちは十分理解できますが、残念ながら逆効果と考えるべきです。機嫌が悪い時にどれだけ女性が気を使い、言葉を投げかけても悪い方向にしか進まないからです。
彼のそばからそっとどいて、彼の機嫌が戻るのを待ってください。すると彼の方から言葉を投げかけてきたり、かまってきたりと機嫌がなおったと分かる行動をするはずです。


向こうから来るのをまつ

ポイントは相手から機嫌がなおりましたの合図を待つほかないのです。正直これがデートで外出していれば、辛いかと思いますがこれも彼の性格なのだと理解するほかないのです。彼の性格をわかっていれば、扱いやすいかもしれませんが付き合いたての女性からするとトラブルを招く性格なのかもしれないです。
彼のことをよく理解して、彼が落ち着いている時に彼の性格について指摘するのも一つの手かもしれないです。


彼に合わせるしかない

結論からいえば、彼に合わせる他方法はないようです。自分ばかり我慢するのは耐えられない!と思うのであれば、残念ながら別れる方法を選ぶしかありません。
何故ならこれは彼の性格であり、誰かに指摘をされて直るものではないからです。もし彼に直してほしいと思うのであれば時間と根気が必要なことなのかもしれません。


まとめ

できれば機嫌よくいてほしいと思いますが、相手のことばかりを考えてはいけません。自分自身は機嫌が悪いときはありませんか?人は相手のことばかりをみてしまい、自分のことを省いていることが多いのです。
良い付き合いをしたいと思うのであれば、自分自身が機嫌が悪い時に彼はどう対応しているのか考えてみると良いかもしれないです。
(ライターeluna)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/21 15:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます