篠原ゆき子 コロナ禍で悲惨な役向き合い「円形脱毛症できた」

拡大画像を見る

 女優の篠原ゆき子(40)、倉科カナ(33)が21日、都内で行われた映画「女たち」(6月1日公開)公開祈念イベントにスペシャルMCの笠井信輔アナウンサー(58)と登場した。

 自然豊かな田舎町を舞台に、体の不自由な母親を介護する美咲(篠原)。結婚を夢見た男性に裏切られ、養蜂場を営む親友の香織(倉科)の突然の死に絶望するが、1さじのハチミツが“女たち”の心をつなぎ止める。

 「自分は記憶力が悪くて、ずぶといかも」という篠原だが、今回はかなり悲惨な役で苦しんだという。「撮影中、円形脱毛症ができました。コロナ禍で撮影したので、撮影後にご飯を食べたり、お酒を飲んだりできなくて、役と離れる時間がなかったです。美咲のまま群馬の山奥で1カ月くらい過ごしました」と語った。

 親友役の倉科に、撮影前に飲みに誘ったというが「軽い感じで誘ったら、『やめときましょう』って笑顔で断られました」とフラれたことを明かした。倉科は「飲んじゃうとすぐ仲良くなっちゃうので、フランクになっちゃうので、この作品はだめだぞと思って」と弁明していた。

関連リンク

  • 5/21 13:39
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます