野間口徹が「きょうの料理」講師で登場 出演迷うも「妻が背中を押してくれた」

拡大画像を見る

 俳優の野間口徹が21日、NHKの「きょうの料理」で、料理講師役として出演した。

 野間口は番組冒頭「始まってしまいました」と緊張気味の笑顔。原大策アナウンサーから「本日の講師は野間口徹さんです。居酒屋さんでのアルバイト経験から、料理がかなりお上手と聞いて、ご出演をお願いしました」とこの日の出演経緯を説明されると、野間口は「(出演を)どうしようかと思っていたが、妻が出てみたら?と…」と背中を押してくれたと語った。

 この日、野間口が紹介した料理は「鳥の南蛮あえ」「あじのなめろう」「あじの骨せんべい」。特に鳥の南蛮あえは、3人の子ども達の一番人気。鳥のスペアリブを揚げる際には「音がビチビチからピチピチになったら」火から取り出すなどのアドバイスも。仕上げに白ごまをたっぷりふるのが野間口の「こだわり」だという。

 あじのなめろうを作る際には「すいません、見えてません」と突然言いだし、メガネを外して三枚におろすレアなシーンもあった。

 野間口はお腹をすかせた子どもは長い時間待てないということから「調理時間は30分」にこだわっていることなど、軽快なトークも交えて調理。すべて美味しそうに仕上げ、原アナウンサーも「一番感じるのは家族への愛、思い」と絶賛。野間口は「家が一番好き。家族のことだけ考えています」と笑顔を見せていた。

 この野間口の登場にネットは「野間口さん」がトレンド入り。「野間口さんをレギュラーにしません?」「料理もおいしそう」「料理の手際がよくて、食べ物を大切にされている姿勢も素晴らしくてとっても素敵」「素敵すぎるのでまたやってください」「野間口さんの手際がよすぎる」など驚きの声があがっていた。

関連リンク

  • 5/21 13:26
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます