水戸DFタビナス・ジェファーソンがフィリピン代表に選出「精一杯頑張ります」

拡大画像を見る

 水戸ホーリーホックは21日、DFタビナス・ジェファーソンがフィリピン代表メンバーに選出されたことを発表した。

 現在22歳のタビナス・ジェファーソンは桐光学園高校卒業後の2017年に川崎フロンターレに加入した。2019年にはFC岐阜へ、2020年はガンバ大阪へ期限付き移籍を経験。今季から水戸に完全移籍で加入し、ここまで明治安田生命J2リーグで全14試合にフル出場している。

 水戸の発表によると、5月18日から行われているトレーニングキャンプ、および6月3日から行われるFIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選のフィリピン代表メンバーにタビナス・ジェファーソンが選出されたという。同代表は5月18日から30日にまでカタール・ドーハでトレーニングキャンプで行い、6月3日にグアム代表と、9日に中国代表と、15日にモルディブ代表と対戦する予定となっている。

 フィリピン代表に選出されたタビナス・ジェファーソンはクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「Jリーグ続く中でチームを離れてしまうことになりますが、それを快く送り出してくれたチームの皆様に感謝しています。僕1人では何もできなかったのでいつも周りで支えてくれる家族やチームメイトにもこの場を借りて感謝を伝えたいです。今回得た経験を、チームに還元できるように、そして水戸ホーリーホックの選手として精一杯頑張ります。日本にいる方々にも良い報告ができるようにがんばります」

関連リンク

  • 5/21 13:18
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます