草なぎ剛、NHK大河『青天を衝け』慶喜の「快なり!」でよぎる「重大事件」過去

拡大画像を見る

 5月16日に、NHK大河ドラマ『青天を衝け』第14回栄一と運命の主君」が放送された。ついに草なぎ剛(46)演じる徳川慶喜と、主人公である吉沢亮(27)演じる渋沢栄一が対面し、物語が大きく動く回だ。平均視聴率(世帯)は15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回の13.9%から、1.6ポイントアップしたが、これには草なぎの熱演も大いに影響しているという。

「第13話で慶喜は池田成志(58)演じる薩摩の島津久光らに、天皇に信頼の厚い奥田洋平(45)演じる中川宮が取り込まれ、まさに大ピンチな状態でした。しかし、今回、慶喜は酒の勢いも手伝い啖呵を切ることで、場の空気を変えることに成功したんです。ここは俳優・草なぎ剛の真骨頂でした」(女性誌記者)

 慶喜は島津らとの会談を「じかに話を聞いてまいる」と抜け出して中川宮を直接問い詰め、

「朝廷の意見が薩摩の工作ごときでこうもころころと変化し、人を欺くのであれば、もう誰が朝廷のいうことなど、聞くものか!」

 と一喝したうえで「なんという暴論を!」という言葉に臆せず、

「暴論ついでに、宮様にいま1つ暴論を申し上げましょう」

「ここにおります3名は、天下の大愚物! 天下の大悪党(おおあくとう)にてございます。宮さまはなぜこのようなものを信用されるのか……あぁ、島津殿に台所を任せておられるからか。ならば、明日からは私がお世話いたしますゆえ、私にお味方いただきたい」

 とバッサリと言葉でねじ伏せてから去り、慶喜が声をあげて笑うーー。という名シーンが生まれた。

■史実にあったエピソード

「いつもより大声でしたが、怒鳴り散らすわけではなく、淡々とした言い回しで口調も実に丁寧。しかし、声色が絶妙なうえ目力も相まってものすごく怖い。最後の大笑いも、激怒との対比が絶妙で“言ってやった!”というスッキリ感。もう最高でした。ちなみに、かなり脚色がくわえられていますが、今回と似た出来事は史実でもあったようです。詳細は、11年5月に高知県で発見された手紙に記されていました」(前出の女性誌記者)

 資料によると、当時26歳だった徳川慶喜は、

「攘夷論について前日の会談での発言を撤回したと知って激怒し、酒を5杯茶碗であおって馬に乗り、刀を持ったまま宮邸に乗り込み“命は頂戴する。私も覚悟の上”と迫った」

 という。

『青天』では「お返事によってはご一命を頂戴し、私自身も腹を斬る覚悟で参りました」というセリフだった。乗馬シーンこそなかったが、酒をあおる場面も多く大筋は同じだった。

「ラストは家臣一同を集め、“今宵は痛快の至り! とうとう薩摩に一泡吹かせてやった!”と、升に入った酒を片手に“快なり!”と言い放って酒を楽しむ姿で終わりました。SNSでは草なぎの演技や今後のストーリーに期待を膨らませる声で溢れていました」(前出の女性誌記者)

《「天下の大愚物」は有名な逸話だけどつよぽんが演じてくれたことによってそこに至るまでの慶喜公の思いがストンと理解できた》《どこか虚ろな一橋家のおぼっちゃまケーキ君から一気に慶喜公になったよね。快なり!で肌が粟立った》《草なぎ君の演技めちゃくちゃ良かったな…… 快なり!》

 と、草なぎの演技を評価する声が多かった。

■草なぎの“やらかし”を思い出す声も

「“草なぎ”と“酒の勢い”というワードから、09年に公然わいせつ容疑で現行犯逮捕され、その後起訴猶予処分となった一件を思い出した人もいるようです。《草なぎに酒は飲ませちゃいかん》《酒でやらかす徳川慶喜を、草なぎ剛が演じるという因果》という声もありました。草なぎが慶喜を演じると発表された当時も、歴史好きの人は、慶喜と草なぎのシンクロ感をネタにしていました(笑)」(専門誌記者)

 09年の事件では、草なぎは現行犯逮捕されてしまったため、「容疑者」として臨時ニュースで報道された。罪状も相まって激震が走ったが、「深夜の公園で泥酔して全裸で一人騒いでいた」という、不祥事ではあるものの悪質性は低いとわかり、極端に人気や芸能活動に影響は出ずに済んだ。現在では笑い話となって、たびたびネタにされているのはご存知の通り。

「ある意味で、神がかり的なキャスティングと言えるかもしれない。5月16日には家臣役である堤真一(56)、遠山俊也(58)、みのすけ(56)、尾上寛之(35)らと5人で実にいい笑顔で“快なり!”を披露するオフショットが公式ツイッターでも投稿されていて、今後もますます期待ですね」(前同)

 4月4日放送の第8話以来、久々に視聴率15%を超えた『青天を衝け』。今後も、慶喜と草なぎの“シンクロ感”に期待だーー。

関連リンク

  • 5/21 12:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます