大好評!家飲みが楽しくなる卓上家電「せんべろメーカー」が2倍ロングに進化


家電・雑貨を企画販売する東大阪のメーカー・ライソンから、家飲みに便利な卓上家電の第2弾として「にせんべろメーカー」が登場!5月末日より、全国の量販店、雑貨ショップ、ディスカウントストアにて発売される。

家飲みが楽しくなる!せんべろメーカー


“せんべろ”、“にせんべろ”とは、1000円・2000円でべろべろに酔えるほど安く飲めることや、そういった店のこと。

ライソンでは、1台で焼き鳥、おでん、つまみのあぶり、熱燗の4役が楽しめる1人用の卓上家電として、2020年12月に「せんべろメーカー」を発売。商品を発表した直後から“家飲みがはかどるアイテム”としてたくさんの反響を呼び、初回生産分は予約完売となった。

第2弾はロングサイズになって登場!


今回発売の「にせんべろメーカー」は、「せんべろメーカー」が進化し、ヒーターの部分の長さが2倍の約40cmのロングサイズとなった商品。“せんべろではつまみが足りない”“2人でも楽しみたい”といった人たちの要望に応えるアイテムだ。


セット内容は、本体・焼き鳥網・おでん鍋・熱燗鍋・とっくり・おちょこ2つに加え、炙り網が大小2種類つき。


ヒーターがロングなので、おでんと焼き鳥を同時に温めて楽しめるなど、贅沢に広々と使用することができる。

商品の詳細

「にせんべろメーカー」の価格は、9,460円(税込)。

コンセントにつなぐだけで、いつでもアツアツな酒のアテを味わえる同商品を使い、さらに充実した家飲みを楽しんで。

画像をもっと見る

  • 5/21 11:30
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます