新垣結衣&星野源、電撃婚は「筋通し婚」だった!『逃げ恥』関係者は知っていた!!

拡大画像を見る

 5月19日16時、おめでたいニュースが日本中を駆け巡った。2016年10月期のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で共演した女優・新垣結衣(32)と歌手・星野源(40)の結婚――。

 2人は報道各社宛てにファックスを送付し、「私たち、星野源と新垣結衣は、このたび結婚する運びとなりました事をご報告させていただきます」と伝え、「これからも互いに支え合い豊かな時間を積み重ねていけたらと思っております。未熟な二人ではございますが、温かく見守っていただけますと幸いです」とのメッセージをつづった。

「ドラマで夫婦を演じた2人の結婚は、日本中に大きな衝撃を与えましたよね。複数の報道によれば、新垣と星野は今年1月2日放送のスペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』の撮影で再会したのが交際のきっかけで、クランクアップ後に結婚を前提とした付き合いが始まったといいます」(女性誌記者)

■“事前”に伝えられていた「出会いの恩人」

 前出の女性誌記者は続ける。

「撮影は昨年10月頃だといいます。報道通りだとすれば、交際期間は約半年。結婚までの期間は短かいといえるもので、結婚発表まで新垣と星野の関係がまったく表に出なかったというのもあって、多くの人が驚いた結婚になったのでしょう。ただ、2016年の連続ドラマ後から一部で熱愛の噂はありましたが、それはあくまで噂ということですかね……」

 誰も知らないうちに育まれていた両者の愛。しかし、この世紀のビッグカップルのゴールインを“事前”に知っていた人がいたという。

「結婚の発表があった5月19日の数日前、夫婦となった2人は、TBSのドラマ部門の上層部、『逃げ恥』の関係者だけには、結婚の報告をしていたそうですよ。星野さんと新垣さんは『逃げ恥』がきっかけで知り合ったわけですし、作品に対しての思い入れもあるといいますから、ドラマ関係者には筋を通しておきたいと思っていたようですね。

 発表のわずか数日前とはいえ、結婚という非常に重要な情報を先に伝えるほどですから、2人はやはり『逃げ恥』とそのスタッフの方々に対して、相当恩義を感じているのでしょうね」(TBS関係者)

■TBSも感謝! ニュースアカウントも興奮のツイート

『逃げ恥』の公式サイトに掲載されているインタビューで新垣は、同作について「色々なパーツといいますか、パズルのピースがカチっとハマったような感じがしていて…、なおかつそれを作る側としてもすごく楽しんでいましたし、観てくださる方も本当に楽しんでくださった作品だと思っています」との思いを語っている。

「TBSとしても星野さんと新垣さんには感謝しきりでしょう。TBSドラマの歴史に残るヒット作の立役者であり、結婚で作品に再びスポットライトを当たる機会まで生まれた。もう局としては2人に頭が上がらないのではないでしょうか」(前出のTBS関係者)

 2人の結婚が発表された5月19日、TBSのニュース用ツイッターアカウント『TBS NEWS』が、星野単独と2人の連名ファクスを2つとも取り上げ、「おめでとうございます!」と「本当に本当におめでとうございます!#逃げ恥」と2連続でツイートした。

「普段はニュースを流しているだけのアカウントなのに、いきなり地の文で連続して結婚を祝ったものですから、“TBS NEWSのアカウントが浮き足だってて笑う”などと、珍しい投稿にネット上でちょっとした話題になっていました。ニュース用のアカウントを使ってまで祝意を表するくらいですから、やはり局としてもよほど2人の結婚が嬉しかったのでしょうね」(前出の女性誌記者)

『逃げ恥』で出会った星野と新垣、そしてそこで生まれたTBSとの絆は、最高のハッピーエンドを迎えたようだ。

関連リンク

  • 5/21 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます