神田うの「神様が試練、絆深まった」 夫・西村氏脳梗塞発症後、初の公の場

拡大画像を見る

 タレントの神田うの(46)が20日、都内で、プロデュースしたコスメ「Peau de Bijou UNO」(6月15日からオンライン発売)の発表会を行った。夫で日拓グループ社長の西村拓郎氏(51)が脳梗塞を発症後、初の取材対応。「神様が試練を与えてくださり、絆が深まりました」と語った。

 一時は死も意識した深刻な出来事も、赤裸々に語った。西村氏は昨年11月4日、自宅で倒れ、緊急搬送され入院。前日にフグを食べていたことから消化器系が疑われたが、神経内科で脳梗塞が判明したという。

 うのはPCR検査を週1で受け、毎日通って看病した。「『献身的にやりました』とは言いませんが、母に救ってもらいました。最初の1週間はどうなるか分からなくて、不安で。本人の前では泣けませんが、病院を出て車に乗ると止めどなく涙が流れて」と述懐。12月には自身も脳脊髄液減少症で4日間入院し、「2020年はいろいろ大変でした」と苦笑した。

 懸命なサポートのかいもあり、西村氏はめまいや左半身の感覚が鈍いなどの後遺症はあるが、日常生活に支障がないまでに回復。仕事にも復帰した。

 感謝されたが「『結婚っていいな』と初めて思ったんですって。私が初めてここまでやってくれたと思ったんじゃないですかね!!」とやや不満げ。不仲説が流れた時期もあったが、大病を二人三脚で乗り越え「お互いすごく大事で必要で、結局好きなんです」と胸キュン発言を飛ばした。

 また、「-UNO」には「究極の美容化粧水です!!つけると幸せ」と自信満々だった。

関連リンク

  • 5/21 6:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます