B’z、ウルトラ全解禁 デビューから最新まで880曲サブスク配信

拡大画像を見る

 ロックユニット・B’zが21日にサブスクリプションサービスを解禁することが20日、分かった。デビュー曲「だからその手を離して」から最新曲「きみとなら」まで、全880曲が配信される。

 B’zのシングル、アルバム、ミニアルバム、ベストアルバムの他、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志のソロも一部を除き解禁。平成No.1売り上げアーティストで、日本のロック界を背負って立つレジェンドの楽曲が、気軽に楽しめるようになった。

 B’zは、昨年の緊急事態宣言でステイホームを余儀なくされた際に「少しでもエンタメに触れてほしい」という思いから、DVD全23作品をYouTubeで無料公開。1年に及ぶコロナ禍での活動を通し、いつでもどこでも楽しめる「サブスクを解禁してほしい」というファンの声に応えて今回、解禁へとかじを切った。

 また、昨年10~11月に行われた初の無観客配信ライブ「B’z SHOWCASE 2020-5 ERAS 8820-Day1~5」のソフト化も決定。5週連続で計80曲を披露し、毎回ステージセットが総入れ替えされた豪華ライブで、DVDとブルーレイを8月25日に発売する。

関連リンク

  • 5/21 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます