専業主婦から、30歳すぎて女優&起業家に!遅咲きの彼女が今、幸せな理由

東カレ厳選の麗しの美女を紹介する『金曜美女劇場』。

東京の夜のシーンに似合う艶やかな大人の女性たちを紹介していく。

▶前回:ハリウッドで修行を積んだヌンチャク美女!大胆な彼女の素顔は、ツンデレで…


澄んだ眼差しが印象的な彼女は、南美沙さん、33歳。

彼女は、台湾人・日本人・オランダ人のミックスである。


現在はモデル業を中心に、2019年には映画デビューも果たし女優としても活動している。

さらに、国内最大級のインフルエンサーマーケティング会社の経営者としての顔も持つ。


モデル、女優、そして起業家。

あらゆる肩書を持ちながらパワフルな活動を続ける彼女は、一見すると華やかな日々を謳歌してきたように見える。


しかし、その人生は苦労の連続だったそうだ。


美沙さんに、現在の道に辿り着くまでの話を聞いた。

実は、専業主婦だったこともある美沙さん。離婚後、28歳で芸能界デビュー

24歳で結婚、28歳で離婚。そして…


元々、ダンサーとして働いていたという美沙さん。

「高校卒業後、単身ニューヨークに渡りました。世界中からプロを目指す学生が集まる『ブロードウェイダンスセンター』という学校で本格的にダンスを学び、帰国後はプロダンサーとして、活動を始めました」

自分の好きな仕事をする日々は、充実していたという。

しかし、そんな彼女が家庭に入る選択をしたのは、24歳の時だった。

「23歳でパートナーと出会い、1年の交際を経て結婚しました。私は仕事が好きだったので結婚後も働きたいと思っていましたが、元夫から『仕事はしないで』とお願いされて働けず。そこからは、専業主婦として生活していました」

「働きたい」という自らの欲求を抑え、育児や家事に真剣に向き合っていた美沙さん。

しかし、次第にパートナーとの関係性が崩れ始め、28歳で離婚を決意する。


4年の専業主婦生活を経て、今度はシングルマザーとして子どもを育てながら働く決断をする。

そのとき、「今度こそ自分が本当にやりたいことをやってみよう」と覚悟を決める。

以前から興味のあった、芸能界という茨の道に挑戦することにしたのだ。

「最初は読者モデルから入りました。どの芸能事務所も25歳までが募集条件なので、事務所に入るよりも近道だと思って。

フリーランスモデルとしてがむしゃらに活動を続けながら、少しずつ人脈を広げていきました」

自己プロデュースの一環として、Instagramも積極的に活用した。


当時あまりなかったサーフィン関連の投稿を続け、フォロワー数を伸ばしたのである。

「私より可愛い女性タレントさんはSNS上に星の数ほどいたけれど、サーフィンの写真を載せている人は少なかったので隙間を狙いました。

もともと海が大好きで、よく海に行ってはサーフィンを楽しんだり、写真を撮ったりしていたので、『海』というコンセプトに絞ったんです」

すると、次第にその努力が功を奏し、たちまちフォロワーは6万人まで急増した。

さらに、サーフガールというキャラクターを定着させたことによって、女優としてのチャンスも舞い込む。


2019年、吉沢悠や香里奈、竹中直人といった人気俳優が名を連ねる映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』にメインキャストで抜擢されたのだ。

役柄は、まさに彼女の得意ジャンルを生かしたサーフガールの役。

「知名度ゼロから自分のブランディングをして、3年後に目標の一つであった大きな映画でメインキャストになることができたんです。まさか31歳で女優の夢が叶うなんて…。本当に嬉しかったですね」

その後は前述の通り、芸能界に留まらず、起業家としての道も切り開いた。


現在はビジネスパートナーと共に、二人三脚で業務を分けて働いているという。

「私はクライアントに人材を紹介したり、人と人を繋げたりする実務部分を担当しています。パソコン作業は苦手なので、そこはビジネスパートナーに任せて(笑)。

お客様と対話を重ねながらコミュニケーションをするのが得意ですね」

夢に向かってアクションを起こし続ける美沙さんに、今度は恋愛についても聞いた。

今度、もし男性を好きになったら

結婚というかたちには、こだわらない


まずは、タイプの男性について聞いた。

「少し前までは頼れるオトナの男性にグッときていましたが、最近は可愛らしい人が好きですね。私自身、今は仕事が第一なので、仕事を頑張っている人だと話も合うし、素敵だなって思います」

でも…、と彼女は続ける。

「素敵な方と出会っても、今は結婚という形にはこだわりません。人と人は高め合わなきゃいけないと思うので、同じマンションの隣の部屋に住んで、会いたいときに会うくらいの温度が丁度良い気がします」


酸いも甘いも噛み分けた、美沙さんらしい言葉だ。


だが、意外な言葉もポロッと出てくる。

「でも、ひとりの男性を好きになったら、周囲が見えなくなるくらい一途になっちゃうこともあります…。

私、好きな人の理想の女性になるため、服装やメイクまで丸ごと彼好みに合わせこともあるんです」

チャーミングに笑いながら言う。


自己実現のため輝き続ける彼女の今後に期待したい!


<今週の美女>
南美沙さん
公式サイト
Instagram

<カメラマン>
佐野 円香


▶前回:ハリウッドで修行を積んだヌンチャク美女!大胆な彼女の素顔は、ツンデレで…

▶Next:6月4日 金曜更新予定
知的な美女が登場

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/21 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます