エマ・ストーン、オスカー受賞の思い出はレオナルド・ディカプリオ!

 これまで3度アカデミー賞にノミネートされ、2017年に『ラ・ラ・ランド』で主演女優賞を獲得したエマ・ストーン。オスカー受賞は、女優としてキャリアの頂点の一つと言っても過言ではないが、当時の一番の思い出は、ずばりレオナルド・ディカプリオだという。

 この度SiriusXMの番組『The Jess Cagle Show(原題)』に登場したエマ。ホストのジェスに「オスカーを受賞して、ステージにあがった時の思い出は?」と質問され、「レオナルド・ディカプリオ」と即答した。レオナルドは、2017年のアカデミー賞で主演女優賞のプレゼンターを務め、エマにトロフィーを手渡した当人だ。

 エマは、「『タイタニック』は映画館で7回半観たわ。彼はかつての最愛の人で、部屋には12歳の誕生日に貰ったサイン入りの写真が飾ってあった」と、レオの大ファンであることを激白。「そのレオのところに歩いて行くなんて、『これは確実に私の人生で一番最高の瞬間だわ』と感じていた。信じられなかった」と明かした。

 また、「自分が見て育ち、尊敬している人がそこにいたの。それに俳優としても彼は素晴らしいと思っている。彼の作品はすべて観ているわ。だからあの瞬間は超現実的だった。本当に起こったことなのかよくわからなくなっているわ」と、オスカー女優らしからぬ気持ちを明かした。

 彼女にとってレオは12歳の頃に憧れたスターであることに変わりなく、インタビューでは「わたしの頭の中では、彼はジャック・ドーソンで、これからもそうよ」と断言している。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/20 20:20
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます