少年同士の瑞々しい刹那の恋――『Summer of 85』ときめきに満ちた場面写真一挙解禁

 少年同士の瑞々しい刹那の恋を描くフランス映画の巨匠フランソワ・オゾン最新監督作『Summer of 85』より、ときめきに満ちた恋の瞬間を捉えた場面写真が一挙解禁された。

 本作は、オゾン監督自身が17歳の時に読み、深く影響を受けたというエイダン・チェンバーズの小説「Dance on my Grave」(邦題:おれの墓で踊れ/徳間書店)を映画化。16歳と18歳の少年の、運命の出会いと永遠の別れを通して、恋する喜びと痛みを鮮やかに描き出す。16mmフィルム撮影による鮮やかな色使いと80年代の楽曲がエモーショナルな雰囲気を醸し出す、瑞々しいラブストーリーだ。
 
 16歳の純真なアレックスを演じるのは、オゾン監督に「リバー・フェニックスの再来」と言わしめた注目の新鋭フェリックス・ルフェーヴル。アレックスを虜にする魅力と野心に満ちた18歳のダヴィド役は、フェリックスと同じくフランス映画界から高い注目を集めるバンジャマン・ヴォワザンが務める。

 1985年夏のフランス。進路に悩む労働者階級の16歳の少年アレックスは、セーリングを楽しもうとヨットでひとり沖に出たが、突然の嵐に見舞われ転覆してしまう。彼を救助したのは、自然体で自信に満ちた18歳のダヴィド。2人は急速に惹(ひ)かれ合い、やがて友情を超えた恋愛感情で結ばれる。アレックスにとってはこれが初めての恋だった。

 互いに深く思い合う中、ダヴィドの提案で「どちらかが先に死んだら、残された方はその墓の上で踊る」という誓いを立てる2人。しかし、ダヴィドの不慮の事故によって蜜月の日々は突如終わりを迎える。悲しみと絶望に暮れ、生きる希望を失ったアレックスを突き動かしたのは、ダヴィドとあの夜に交わした誓いだった──。

 今回解禁されたのは、少年たちのときめきに満ちた恋の瞬間を切り取った場面写真9点。さっそうとバイクで風を切るダヴィドの肩にあごを乗せ、初恋の喜びを噛みしめるように頬を寄せるアレックスの姿や、夕日を眺めながらのバックハグ、クラブやジェットコースター、セーリングを楽しむデートシーンなどを収めている。どれもティーンエイジャーならではの無邪気さと親密な空気が漂う美しい写真となっている。

 原作に感銘を受けた当時の感情を投影しながら、本作を作り上げたというオゾン監督は「青春映画の約束事に沿って撮影することが、私にとって重要だった。少年2人の恋愛に皮肉なんか一切加えず、古典的な手法で撮って、世界共通のラブストーリーにした。大事なのは2人の信頼関係を見せること、僕が10代の頃に感じたことを表現することだからね」と作品に込めた想いを語っている。

 映画『Summer of 85』は8月20日より全国順次公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/20 19:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます