高岡早紀、うなじが色っぽい! 艶やかな和服オフショットに反響「大人の色気!」

 女優の高岡早紀が20日にインスタグラムを更新し、出演中のドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)のオフショットを公開。写真で艶やかな和服姿を披露すると、ファンからは「大人の色気!」「ほんと、綺麗」といった反響が寄せられた。

 ドラマ『桜の塔』は、警視庁を舞台に、警視総監の座を巡って繰り広げられる組織内のパワーゲームを描く人間ドラマ。幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣を玉木宏が演じる。本作で高岡は、元警察官でありながら銀座の高級クラブでママを務める小宮志歩を演じている。

 第2部のスタートとなる第6話の放送を前に高岡が投稿したのは、着物を身につけた自身の後ろ姿。クラブのママを演じる高岡は、毎回着物姿で劇中に登場。写真の中の高岡は、白を基調にした着物を身につけていて、後ろ姿のため艶やかなうなじも披露している。

 高岡が披露した着物姿のオフショットに、ファンからは「大人の色気!」「ほんと、綺麗ですねー!」「どこから見ても色っぽい」などの声が相次いでいる。

 また高岡はこれまでにも自身のインスタグラムに着物姿のオフショットを投稿している。

引用:「高岡早紀」インスタグラム(@saki_takaoka)
   『桜の塔』公式インスタグラム(@sakuranotou_tvasahi)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/20 18:15
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます