稲村亜美、“3年ぶり始球式”で期待されるバスト&ヒップの“パツパツ進化”

拡大画像を見る

 タレントの稲村亜美が5月17日、自身のツイッターを更新。約3年ぶりに始球式を務めることを発表した。

稲村は〈お知らせです!5月23日ファイトイッパーツ!リポビタンデー千葉ロッテ対楽天イーグルス戦の始球式を務めさせていただきます!!!〉と報告。〈約3年ぶりの登板となるのでとても緊張しますが、しっかり肩を作って臨みたいと思います よろしくお願いします!〉と、気合いを見せた。

 そもそも稲村は、2013年に写真週刊誌「FRIDAY」で発表された「ミスiD(アイドル)2014」に選出。15年に公開されたトヨタ自動車のCMに登場し、OL風スーツでの豪快な野球の投球スイングが「神スイング」として話題になった。また17年には、日本プロ野球全12球団の始球式出場を達成している。

「173センチの長身から投げ込む豪快な投球はプロ顔負けの本格派ですが、一方でショーパンからすらりと伸びる美脚やパンパンに張ったバストがイヤラしすぎると、評判になっています。ZOZOマリンでの始球式は18年7月8日以来となるため、ファンもどんな姿で登場するのか楽しみでしょうね。肉体美を存分に見せつけてほしいものです」(グラビア誌ライター)

 ネット上では〈稲村亜美のフォームはカッコよくてプリンプリンがイヤラしい。たまらんわ〉〈亜美ちゃんの揺れるバストを早く見たい。球場にいこうかなw〉〈最近はゴルフで鍛えてるみたいだね。3年前に比べてバストもヒップも迫力がアップしてるのでは〉などという内容で、早くも期待の声が広がっている。

 マウンドで躍動する「推定Eカップ」バストが注目される。

(ケン高田)

関連リンク

  • 5/20 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます