山田孝之演じる“監督”が全身ゾンビ化!?ブッ飛んだ2作品が異色コラボ

拡大画像を見る

Netflixで5月21日(金)より全世界独占配信される、ザック・スナイダーが監督・脚本・製作を務め、デイヴ・バウティスタ、真田広之ら国際色豊かな俳優陣で贈るNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』、そして、6月24日(木)より全世界独占配信される山田孝之を主演に迎え《放送禁止のパイオニア》として時代の寵児となった村西とおると仲間たちの狂乱を描いたNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督 シーズン2』。国もジャンルも異なりながら、どちらもNetflixを代表する“ブッ飛んだ”作品である[大注目のオリジナル2作品]による、まさかの異色コラボが実現した。『アーミー・オブ・ザ・デッド』で描かれるゾンビ大量発生を受けて、なんと『全裸監督』で山田孝之演じる村西とおる監督までがゾンビ化してしまった特別ビジュアルが解禁された。


ザック・スナイダーが贈る『アーミー・オブ・ザ・デッド』は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のドラックス役で知られるデイヴ・バウティスタ、真田広之らが出演、巨大金庫に眠る大金を狙い、ゾンビが暴れ狂うラスベガスで傭兵集団が《史上最大の強盗》に挑む物語。クセ者ぞろいの傭兵集団と、組織化された進化型ゾンビとの、“究極の一攫千金”を巡る壮絶なドラマが描かれる。

そして『全裸監督』は、2019年8月に全世界独占配信されるや否や、キャスト陣の渾身の熱演と痛快なストーリーで、社会現象とも言える一大旋風を巻き起こした人気シリーズ。待望のシーズン2ではおなじみの面々に新たに豪華キャスト陣も集結。村西が衛星放送事業という新たな驚愕の夢の実現に乗り出していく。

この度、ゾンビで埋め尽くされたラスベガスへ潜入して銀行強盗を企てる“ブッ飛んだ”最強ゾンビムービー『アーミー・オブ・ザ・デッド』と、村西とおると彼を取り巻く色濃いキャラクター達の織りなす人間模様を描いた“ブッ飛んだ”『全裸監督』という、Netflixオリジナル2作品の奇跡のコラボレーションが実現。特別コラボビジュアルは、『全裸監督』のキービジュアルで描かれた山田孝之演じる村西とおるが、なんとゾンビと化してしまっている。

まさか『アーミー・オブ・ザ・デッド』の進化型ゾンビが世界中に拡がり、“お待たせしすぎた”村西とおる監督までもがゾンビ化…してしまったのだろうか?おなじみのブリーフ姿で監督イスに腰掛けながらカメラを担ぐその姿は、全身腐敗した“ゾンビ”化していながらも、シーズン2に向けて野望に満ちた表情をこちらに向けているようだ。

ザック・スナイダー監督ら製作陣はもちろん、豪華国際派キャストによって紡ぎ出される、スリルと興奮の物語にも大注目のビッグ・プロジェクト『アーミー・オブ・ザ・デッド』と、数々の伝説を創った男“村西とおる”のフィナーレを描く『全裸監督』の両作品に注目しよう。


Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』5月21日(金)より独占配信


『全裸監督 シーズン2』2021年6月24日(木)Netflixにて全世界独占配信


関連リンク

  • 5/20 16:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます