しなきゃよかった!彼をがっかりさせる【仕事の相談へのアドバイス】って?

拡大画像を見る

働いていると愚痴や悩みに押しつぶされそうになる時もありますよね。そういったときは彼氏や友達に話を聞いてもらってスッキリしたり、アドバイスを貰って改善を図るということもあるのではないでしょうか。
自分が相談するのと同様に、彼氏から仕事の相談を受けることもありますよね。しかし、アドバイスの仕方によっては、彼氏から二度と相談されなくなることもあります。そこで、彼氏にがっかりされてしまう仕事の相談へのアドバイスについて紹介します。彼氏の力になりたいと思う女性は、参考にしてみて下さい。


「なんとかなる」

励ましの意味を込めて、「なんとかなるよ」といったアドバイスをすると、彼氏はがっかりしてしまうかもしれません。なんとかならないから相談しているのです。また、具体的なアドバイスがなくお気楽に考えているという印象を与えてしまいます。
男性が相談するときは、共感ではなく意見を求めています。そのため、抽象的な「なんとかなる」という言葉を貰っても実行することができません。この人に相談しても無駄だなと見限られてしまいますよ。


「疲れてるからだよ」

彼氏から相談を受けた時に、その疲れた表情を見て「疲れているからだよ」と言ってしまうと、彼氏にがっかりされてしまいます。疲れていることが原因じゃなく、疲れの元を対処するために相談しているのです。
論点のずれたアドバイスをされると、言いたいことが伝わってなかったと感じて余計に疲れてしまいます。疲れを取ることで前向きに考えることができるかもしれませんが、アドバイスのそうじゃない感は否めないでしょう。


「私の方がひどい」

彼氏から相談を受けているのに、「私の会社の方がひどい」など、つい自分の話ばかりしてしまう女性は、彼氏からがっかりされてしまいます。ひどさを張り合いたいわけじゃなく、自分の話を聞いてほしいだけなのにと感じます。
なんでも自分の話をしてしまう女性は、普段の会話でもその片鱗が見えます。しかし、相談しているのだから聞いてくれるだろうという彼氏の期待を見事に粉砕してしまうのです。なんでもかんでも自分の話に持っていくのはやめましょう。


「辞めればいい」

仕事の相談をしたときに、「だったら辞めたらいい」などと発言する女性も彼氏にがっかりされます。仕事は簡単に辞めると決めることはできません。ブラック企業ならまだしも、この会社でずっと頑張っていきたいと考えている男性ならばなおさらです。
辞めたくないから相談しているのに、安易に辞めろなんて言われたくないと思う人も多いでしょう。辛いなら辞めればいいと彼女が考える気持ちも分かりますが、辞めないことを前提で相談しているという彼氏の気持ちを汲み取ってあげましょう。


お気楽なアドバイスは NG!

辛い顔をしている彼氏を励まそうと思い、お気楽なアドバイスをすることもあるでしょう。
しかし、彼氏が真剣な時は真剣なアドバイスをした方が、彼のためになりますよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/20 15:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます